【薄毛対策】男性の薄毛の原因と対策

薄毛対策に悩む男性に

【薄毛対策にお悩みの男性のために】

 

薄毛対策におすすめの育毛剤およびAGAクリニックや薄毛の改善方法を解説していきます。
抜け毛や男性型脱毛症(AGA)対策の必要性を感じるきっかけとして、「最近、前髪のボリュームが少なくなった」「お風呂の排水溝に詰まる抜け毛の数が増えた」「友人や家族に薄毛を心配されるようになった」などの事例をよく耳にします。

 

さらに、髪にツヤやボリュームがなくなってきたという不安を覚えた経験なども心当たりがある人もいるでしょう。そんな薄毛に繋がるような症状がある方は、頭皮の環境が悪く、毛髪に関して健康ではない状態の恐れがあります。

 

そのまま何も薄毛対策をせずに放置すると、髪の毛と頭皮はさらに弱っていく症状になり、抜け毛は増えて薄毛の症状が酷くなっていきます。
抜け毛・薄毛に気付く一般的な兆候としては

・洗髪(シャンプー)後の抜け毛が増え風呂の排水溝に溜まる。
・朝起きると、枕元に抜け毛が増えてびっくり(30本以上)
・髪の毛が薄くなった、または髪の毛が薄くなったと周りから指摘される。
・M字型におでこが広くなってきた、または前髪のボリュームが減少した。
・髪の毛が細くなり、髪のボリュームが減ってきた

などの薄毛・抜け毛の症状があります。
次に薄毛対策として、まずはその原因をしっかりと認識しておきましょう。

 

薄毛・抜け毛の原因

遺伝による薄毛・抜け毛の進行

栄養不足、頭皮・発毛に悪い食事

間違った洗髪(シャンプー)・ドライヤーなどによる悪影響

過度な喫煙(タバコ)、飲酒による発毛・毛髪への悪影響

睡眠不足・ストレス

運動不足などの生活習慣の乱れ

 

薄毛・抜け毛の原因としては、以上のような様々な要因の影響の結果として、薄毛・抜け毛・M字型の脱毛症の進行が考えられます。育毛は気付いたときから早めに薄毛対策をすることがとても重要です。手遅れにならないうちに薄毛対策をおこなっていきましょう。

 

 

髪の毛の量を増やすためには、抜け毛を減らす対策(薄毛対策)が基本となります。
髪の毛は、【作られて→成長→衰え→最後に抜けていく】という決まったサイクルを繰り返して行なっています。

 

頭皮の環境が悪く、不健康な状態だったり髪の毛に必要な栄養がきちんと届かない状態になってしまうと、髪の毛のサイクルがうまく行われず、早く毛が抜けてしまう現象になり、髪の毛の全体の量がどんどん減っていきます。

 

まずは、早く抜けてしまう髪の毛の量を減らして、1本、1本長生きさせるプロセスを確立させる薄毛対策・改善が重要となります。風邪やインフルエンザなどの病気と同じように、薄毛対策も早めの発見と、早めの改善が1番効果的です。

 

育毛剤・育毛スプレーによる抜け毛・薄毛対策

薄毛・抜け毛対策のヘアトニック

さまざまな薄毛対策のメリット・デメリットを考えると、一番手軽に取り組めて素早く効果が期待できる薄毛対策のおすすめは、育毛剤による薄毛対策・改善策です。

 

この場合でも育毛剤だけでなく、育毛シャンプーや育毛サプリ、発毛に良い食事やマッサージ、生活習慣の改善なども併せて取り組むことで、より早く育毛・発毛効果を感じられ、薄毛を改善してくことが可能になります。

 

育毛剤・育毛スプレーを使うメリット

自宅で手軽に使用できる

植毛・カツラよりも安い

継続して育毛剤を使用することで確かな効果を実感できる

 

育毛剤・育毛スプレーを選ぶポイント

価格・購入のしやすさ

育毛・発毛の有効成分の有無

安全性、副作用の有無

 

以上のポイントを踏まえて、自分にあった育毛剤を選んでいきましょう。
育毛剤の人気商品といえば、チャップアップ・イクオス・プランテル・フィンジア・リアップ・ポリピュア・ビタブリッドCヘアー・サクセスなどのように様々な育毛剤があります。

 

それぞれどんな育毛成分が含有されて、育毛・発毛にどのように作用するのかを把握して、ご自身の頭髪の状態に合った最適な育毛剤を探していきましょう。
自分の頭皮環境にあった最適な育毛剤を使用することで確かな薄毛対策へと繋がります。

 

【2018年最新版】薄毛対策・改善に効果的な育毛剤・育毛スプレーランキング

「AGA治療や植毛も気になるけどちょっと値段が気になる・・・」
という方や、まずは気軽に費用をあまりかけずに薄毛改善の対策をやってみたいという方は、最初は育毛剤から使用してみるのがおすすめです。朝晩の洗髪の後などに手軽に薄毛対策に取り組めるのが育毛剤のメリットです。

 

人気の育毛剤・育毛スプレーランキング

人気のAGAクリニックランキング

 

・抜け毛を少しでも減らしたい
・手軽に早めに薄毛対策に取り組みたい
・抜け毛の進行を1日でも遅らせたい

上記のような薄毛改善・薄毛対策のはじめの1歩になるように
当サイトのおすすめ育毛剤ランキングを紹介!

 

チャップアップ

チャップアップ

チャップアップはモンドセレクション2017金賞受賞の実績があり、AGA関連医師からも満足度が高い育毛剤・抜け毛が減る育毛剤・副作用がない育毛剤のおすすめ薄毛対策として高い評価を受けています。

 

チャップアップ育毛ローションは、栄養補給や血行促進など毛包の周辺環境を改善する開発に成功しました。チャップアップは、育毛剤とサプリメントのセット販売を行なっており、体の外側と内側の両方から薄毛対策・改善に働きかけてくれます。

 

返金保証が付いているのも嬉しいサービスで、お試し感覚で使用が出来ます。
もしも効果を実感できないと思えばすぐに返金してもらうことができます。さらにチャップアップでは、保証期間が以前の30日間から無期限の永久返金保証に変更になりました。

 

チャップアップの特徴

  • 育毛に効果的な成分50種類配合
  • 100%無添加、無香料
  • 厚生労働省認可で、医師の推奨もあり
  • 全額返金サービスと育毛保証書付き

 

 

イクオス

イクオス

イクオスでは78%が3ヶ月以内に育毛を実感。「だから薄毛対策の実感が速い」「早い方は1ヶ月で発毛促進」などの口コミで人気のイクオス。イクオスの特徴は効果を実感できるまでのスピードが速いことです。

 

従来の31種類の成分から61種類の成分へと大幅に成分を増やし、独自配合アルガス-2が更なる効果を期待できます。
アルガス-2には3つの海藻エキスを凝縮配合した新成分が配合されており、

 

@ミノキシジルと同等の発毛促進効果があるといわれるM-034
A保水力に優れた海藻エキス:ペルベチアカナリクラタエキス
B力強い毛髪を育む天然由来成分:スサビノリエキス

 

のトリプル海藻成分でさらなる進化を遂げました。

 

イクオスは頭皮をケアする成分が10種配合されており、さらに天然由来植物成分の育毛効果のある成分が8種類と10種類のアミノ酸が配合されています。

 

イクオスの特徴

  • 3種類の有効成分が配合されており、頭皮の環境を健康に維持します
  • 天然由来成分のM-034を配合
  • お客様満足度97.5%
  • 低分子ナノ水で脅威の浸透力の実現に成功

 

 

プランテル

M字ハゲにおすすめのプランテル

プランテルは「M字と闘う」をコンセプトとして、大学研究機関の研究等を元に製薬会社と共同開発された育毛剤です。主にM字型の薄毛で悩んでいる方から好評を受けています。M字ハゲを克服したユーザーからの支持率・第1位という人気の育毛剤プランテル。

 

M字ハゲからの育毛・薄毛対策に特化した【抗M字ソリューション / 黄金比トリプル発毛促進構造】が特徴。2015年モンドセレクション受賞。おでこ付近の生え際が気になってきた方は、プランテルを使用してみてはいかがでしょうか。従来の育毛剤ではアプローチできなかった、抜け毛や薄毛トラブルの根本的な原因を解決し、M字ハゲの後退を押し止める薄毛対策に役立ちます。

 

プランテルの特徴

  • 薄毛に効果的な7種類の自然由来成分配合
  • トリプル発毛促進構造によってM字型の薄毛に効果的
  • 配達の際に宛名や商品名等を厳守
  • 大容量150mlで50日間しっかりと使用できる

 

 

人気の育毛剤・育毛スプレーの成分や効果について

ここでは人気の3つの育毛剤の成分と効果について調べてみました。それぞれの各育毛剤ごとに成分に違いがありますので、自分の薄毛・抜け毛の症状にあった育毛剤を選んでいきましょう。

 

チャップアップの主な成分と効果

センブリエキス

頭皮環境を整える効果。頭皮に栄養素を張り巡らし、保湿効果もあります。

薄毛対策のセンブリエキス

 

グリチルリチン酸

皮脂が詰まり酸化すると毛穴の炎症によりダメージとなります。グリチルリチン酸は、皮脂の過剰分泌による頭皮の毛根の皮脂の詰まりを防止します。

 

ジフェンヒドラミンHC

血行促進や抗炎症効果などの効能がある成分です。皮膚の炎症、かゆみを抑える効果があり育毛に必要な成分です。

 

薄毛対策のドクダミエキス

皮脂の過剰分泌を抑える成分

・ダイズエキス・ドクダミエキス・オドリコソウエキス

 

頭皮の硬化の改善を目的とした成分

・ウメ果実エキス・チンピエキス・マロニエエキス

チャップアップの主な成分と効果

▼不動の人気No.1育毛剤を試してみる?
>>チャップアップはこちら

 

 

イクオスの主な成分と効果

ヘアサイクルを整える成分

・オウゴンエキス・ダイズエキス・ビワ葉エキス・クララエキス・ヒオウギ抽出液

 

薄毛対策のビワ葉エキス

 

TGF-βやFGF-5などの脱毛因子をブロックする成分

・クワエキス・シャクヤクエキス・セイヨウキズタエキス・ゴボウエキス
・ローマカミツレエキス・シナノキエキス・ヒキオコシエキス・ボタンエキス

 

炎症を抑えて頭皮に優しく毛包を活性化する成分

薄毛対策のセンブリエキス

・コンフリーエキス・ニンニクエキス・センブリエキス・グリチルリチン酸2K・ジフェンヒドラミンHCI

 

保湿・血行促進で頭皮環境を整える14種類の天然由来成分

保湿成分

カンゾウ葉エキス・高分子ヒアルロン酸ナトリウム・低分子ヒアルロン酸ナトリウム・加水分解コラーゲン・水素添加大豆リン脂質・D−パントテニルアルコール・アルニカエキス

 

血行促進成分

ジオウエキス・シラカバエキス・ドグダミエキス・天然ビタミンE・オランダカラシエキス・ニンジンエキス・マツエキス

イクオスの主な成分と効果

▼すぐに育毛効果を実感したい人におすすめの育毛剤なら
>>イクオスはこちら

 

 

プランテルの主な成分と効果

M字ハゲにピンポイントな効果を期待する抗生え際ソリューション

プランテルの主な成分と効果

ヒオウギエキス
脱毛の原因である5αリダクターゼとテストステロンの結合を強力に抑制することでDHTの発生を阻止。

 

発毛促進のための有効成分

薄毛対策の海藻エキス

センブリエキス
セファランチン
グリチルリチン酸2K(フケ・かゆみ抑制)
海藻エキス(ヘアサイクルの修正)
プロビタミンB5(頭皮の脂質を抑える)
シナノキエキス(フケ・かゆみ抑制)
ヒキオコシエキス(フケ・かゆみ抑制)

 

合成保存料などの各種添加物なし

X パラベン X 鉱物油 X 合成着色料 X 無香料

M字ハゲの人におすすめの育毛剤

▼M字ハゲの人におすすめの育毛剤なら
>>プランテルはこちら

 

 

育毛剤・育毛スプレーの使用で発生する初期脱毛の原因とは

育毛剤・育毛スプレーの使用で発生する初期脱毛の原因

育毛剤を初めると最初に「逆に抜け毛が増えた?」と感じることがあります。

 

そんな時はいきなり不安になるかもしれませんが、これは育毛剤の使用による初期脱毛と言われる症状です。初期脱毛は育毛剤の効果が原因として起こる現象であり、抜け毛・薄毛対策のために必要なサイクルになります。

 

育毛剤を使用していくことで初期脱毛のサイクルを経て、その後に髪の毛の発育に繋がっていきます。育毛剤を使いはじめて抜け毛が増えると最初は心配になるかもしれませんが、正常な育毛・発毛のための現象なのでそこで育毛剤の使用を止めずに、まずは最低でも3ヶ月は育毛剤の使用を継続することが育毛剤の効果を確認するためには必要な期間になります。

 

育毛剤・育毛スプレーを使用する最適な時間は?

薄毛対策に最適な時間は?

育毛剤や育毛スプレーを使用するのは1日の生活の中でどの時間に使用するのが最も効果的でしょうか?
それは、頭皮や頭髪を清潔な状態で、毛が伸びる就寝前になります。そのため、夜寝る前にお風呂に入ってシャンプーをおこない、すすぎをしっかりとして頭皮・毛髪からワックスやジェルなどの整髪料をしっかりと洗い流して清潔な状態にしてから育毛剤を使用しましょう。シャンプー時のすすぎが不十分だとシャンプーや汚れが頭皮に残ったままで、毛穴の詰まりの原因になるので注意してください。

 

また、お風呂からあがってシャンプー・洗髪後は、ドライヤーで髪の毛をしっかりと乾かすことを忘れないでください。この時にドライヤーで熱すぎる温風を髪の毛にかけ過ぎると毛髪や頭皮を痛める原因になるため、できるだけ熱風でのドライヤーを避けて、なるべく冷風で髪をいたわりながらゆっくりと髪の毛を乾かしいくのが良いです。

 

そして、ドライヤーで髪の毛をしっかりと乾かしたあとは、育毛剤や育毛トニックを頭皮の気になる部分にスプレー・散布をおこない、指の腹をつかってゆっくりと優しくマッサージすると育毛剤の成分が頭皮に浸透して効果的になります。

 

ドライヤーの後には必ず育毛剤とマッサージを!

▼ドライヤーの後には必ず育毛剤とマッサージを!
>>人気の育毛剤ランキング

 

 

発毛促進剤、養毛剤とは?発毛剤や育毛剤とどう違うの?

発毛促進剤、養毛剤とは?発毛剤や育毛剤とどう違うの?

発毛促進剤は、発毛剤と同様、髪の毛を生えさせることが目的ですが、発毛剤より効果が緩やかで、副作用が出にくいのが特徴です。

 

養毛剤は、薬事法の分類では化粧品として扱われます。効果効能が認められている成分が入ってないため効果は薄いですが、副作用が少なく頭皮ケアをこれからしていくきたい方には始めやすいです。
以下にそれぞれの違いを紹介します。

  • 発毛剤・・・医薬品。効果は高い。毛母細胞へ働きかけ、発毛を促す。効果は高い。
  • 育毛剤・・・医薬部外品。髪の毛の成長を促進させる。効果は2番目に高い。
  • 発毛促進剤・・・医薬部外品。発毛剤と同じく発毛を促すが、効果は薄い。
  • 養毛剤・・・化粧品。フケ、かゆみを防ぎ、頭皮を清潔に保つ働き。効果は薄い。

発毛促進剤や養毛剤は、厚労省の認可も下りておらず、医師の処方箋なしでも使用できるので比較的気軽に使うことができますが、すでに薄毛が進行している場合には、あまり効果は期待できません。10代20代の男性が若い時から予防として使う、将来のためにケアをしておきたいという方にはおすすめです。

 

 

M字型はげ(薄毛)の原因と対策

M字ハゲとは、頭皮の前面の生え際が後退して剃り込みのような状態になる薄毛症状であり、男性型脱毛症(AGA)の典型的な症状といわれ、アルファベットのMの字のようにはげることからM字ハゲと呼ばれています。

 

M字ハゲの原因

M字ハゲの原因としては、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼと結合して悪玉の男性ホルモンであるジヒドテストステロンになることで、毛母細胞の働きが低下して正常なヘアサイクルが乱れ、薄手・M字型ハゲ・てっぺんはげ等の男性型脱毛症(AGA)の進行へと繋がります。そして、そのまま放置しておくとM字型の薄毛はそのまま頭頂部まで進行しててっぺんまでハゲる可能性も高まります。

 

M字ハゲの対策

M字ハゲが初期症状の場合

M字ハゲが初期症状の場合
M字ハゲがまだ初期症状の場合には、まずは一番手軽に薄毛対策ができる育毛剤の使用をおすすめしています。生活習慣や食生活の改善もおこない体の中から発毛のための努力をすると共に、M字ハゲに最適な育毛剤を使用して頭皮にも刺激を与えて改善していきましょう。

 

▼M字ハゲに特化した育毛剤
前髪のボリュームが減った、枕元の抜け毛が増えたなどの症状の方に。
全額返金保証付きなので、まずはお試しで初めてみるのがおすすめです!
>>M字特化のおすすめ育毛剤

 

 

M字ハゲがすでに進行している場合

M字ハゲがすでに進行している場合
M字ハゲがすでに進行した薄毛の場合には、育毛剤だけでなくAGAクリニックの受診をおすすめしています。もしAGAの場合には、日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインのエビデンスで実証された薄毛対策であるAGA治療を受けることで、M字ハゲが改善する可能性が高まります。

 

▼今すぐにAGAクリニックで薄毛改善するには
>>人気のAGAクリニック

 

 

 

AGAクリニック(病院)治療のメリットとデメリット

AGA治療のメリットとデメリット

育毛剤や育毛シャンプーなどで薄毛対策の効果を感じられない場合には、確実に対策をおこなっていくためにも、一度AGAクリニックで診断してもらうことをおすすめしています。そのためにも、まずはAGA治療のメリットとデメリットを認識しておきましょう。

 

AGAとは?

薄毛改善・対策のために、男性型脱毛症(AGA)の仕組みについて参考になるウィキペディアのページが下記です。男性ホルモン型脱毛症やM字ハゲなどについての詳細をチェックしておきましょう。

AGA(男性型脱毛症、androgenetic alopecia、androgenic alopecia、alopecia androgenitica)とは、思春期以降に発症する進行性の脱毛症のことです。(※直訳では「男性ホルモン型脱毛症」)

 

AGAの典型的な症例としては、こめかみの上辺りから脱毛が始まり、頭髪の生え際の後退によって特徴的なM字パターンの脱毛となります。さらに頭頂部の毛髪は細くなり薄毛や禿髪となる。
女性の場合には、「女性男性型脱毛症」(Female AGA, FAGA)と呼ばれます。男性のパターンとは異なっており、生え際のラインは変わらずに頭頂部・前頭部を中心に頭部全体の毛髪が細くなるのが特徴です。

 

AGAは遺伝的な要素が大きく関わっており、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(dihydrotestosterone, DHT)の作用によって引き起こされます。
引用元:男性型脱毛症(Wikipedia)

 

 

AGA治療のメリット

AGA治療のメリット

薄毛が改善する可能性が高い(※他の要因で発生する脱毛症と比較すると)

AGA治療薬は、薄毛対策の内服薬として厚生労働省に認められた治療薬のため、その育毛効果に期待することが出来ます。

 

内服薬なのでいつでも気軽に摂取できる

塗り薬と比較すると内服であるAGA治療薬のプロペシアは、独特の匂いや不快感もないため、周囲の目も気にする必要がありません。
自宅で1日1回のペースで服用するだけなので、誰でも手軽にAGA治療に取り組むことが可能です。

 

抜け毛の進行を遅らせることが出来る

AGA治療薬のプロペシアの主成分であるフィナステリドには、5α-リダクターゼの発生を阻害して、抜け毛を予防する働きがあります。
そのためAGAの進行を遅らせることができると言われます。

 

 

AGA治療のデメリット

AGA治療のデメリット

健康保険の対象外のため費用がかかる

AGA治療薬のプロペシアは自由診療扱いのため、診察代・薬代・処方代などに関しては自己負担になります。
通院を続ける場合には、費用がかかることがデメリットになります。

 

副作用があるかもしれない

性欲減退と、勃起不全などの男性機能の低下の副作用が起こる可能性があります。発生率でいえば3%程度の数値です。

副作用については、国内臨床試験において1年間のフィナステリド1mg/日内服により、2.9%に性機能障害が出現したが、その頻度はプラセボ群(偽薬による比較実験対象)と明確な差はありませんでした。
引用元:「男性型脱毛症診療ガイドライン」策定委員会

 

育毛(抜け毛抑制)の効果を感じるのに時間がかかる

髪の毛の成長速度は、1日に約0.4mmと言われており、とてもゆっくりとしたスピードです。
そのため、AGA治療薬を使い始めてから、途中で薬の服用を辞めてしまうと効果を感じることが出来ません。
AGA治療の効果を実感するには、最低でも半年から1年以上は続ける必要があります。

 

育毛シャンプーや育毛剤、食事療法や生活習慣の改善などの薄毛対策をおこなっても、なかなか発毛・育毛効果が感じられない方は、上記のメリット・デメリットを認識したうえで、一度お近くのAGAクリニックで相談や診察だけでもおこなってみるのもおすすめです。

 

医師により、男性型脱毛症(AGA)と診断された場合には、AGA治療薬(プロペシアなど)による適切な治療をしっかりと続けることで、薄毛が改善する可能性があります。

【2018年最新版】発毛に効果のあるオススメのAGAクリニック(病院)

薄毛対策のおすすめAGAクリニックランキング

『育毛剤やシャンプーなどでも効果を感じない』
そんな時は・・・

 

手軽な育毛剤やトニック等を使っても、薄毛や抜け毛の進行に変化や改善が見られない場合には、より本格的に薄毛・抜け毛対策に取り組むためにも、AGAクリニックでの薄毛対策をチェックしてみましょう。

 

より早く効果的な薄毛対策には信頼のおけるAGAクリニックでの薄毛対策の治療が効果的です。

 

銀クリAGA.com

AGA

銀座総合美容クリニックはAGA治療・薄毛対策治療のみを専門としてる評価の高いクリニックとして、安心と実績の頭髪専門外来や髪の総合コンサルティングをおこなっています。

 

内服・外用薬治療の育毛メソセラピーとして、頭髪専門医による多角的なAGA診療を提供しているのが特徴です。完全予約制・カウンセリング無料で患者の負担軽減を考えた安心価格での治療費設定として人気を集めています。

 

常に患者さん目線でのクリニック運営、患者満足度NO,1のAGAクリニックを目指すをクリニックの経営理念としており、治療の効果は非常によく、接客にも力を入れています。治療の営業や商品の押し売りなどは一切ないので、普通の病院のように気軽な通院が可能です。

 

銀クリAGA.comの特徴

  • 全て個室で対応、無料カウンセリングを行なっており、親切丁寧な対応
  • AGA専門のクリニックの中では最安値の料金約2万と安心して通える治療費設定
  • AGA最先端治療であるノーニードル育毛メソセラピー(針を使わないグロースファクター発毛治療)
  • 内服薬・外用薬での専門的治療
  • AGA遺伝子の診断
  • 脂漏性皮膚炎対策シャンプー
  • 経営理念、行動指針を貫いている運営

 

 

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックは男性型脱毛症、薄毛対策の治療を行なっており、発毛をメインとした専門医療機関です。もともと薄毛で悩んでいた院長が自分の体で治療を経験、生み出されたオリジナルの治療方法が行われています。AGA専門クリニックの中では、全国最多の45院を展開しており、業界最大手のクリニックとなっています。AGA治療に興味を持った方には、オススメとなるクリニックといえるでしょう。

 

AGA治療の専門院であり、発毛・育毛専門のクリニックとして知られています。その発毛実感率は治療期間4〜6ヶ月で99.4%となっています。AGAに特化したオリジナル発毛プログラムが特徴で不足した「発毛成長因子」を補完し、止まった成長シグナルを正常に戻します。

 

Drsメソ(AGAメソセラピー)では、頭皮に直接発毛カクテルを注入することで有効成分を浸透させ、薄毛を改善へと導く施術をおこないます。

 

AGAスキンクリニックの特徴

  • 発毛の実感率99.4%
  • 全国各地に展開のため、通院しやすい環境です
  • 月に4,200円から治療が可能
  • 医師自らがAGAに悩んで治療しているので、発毛効果が実証済み

 

 

AGAゴリラクリニック

変わったネーミングで話題となっているゴリラクリニックは、薄毛治療を主に行なっているクリニックです。植毛なども行なっており、処方薬やメソテラピーなど豊富な種類の薄毛治療を行なっているとして注目されています。

 

オリジナル薄毛(AGA)治療薬ミノフィアGではAGAに効果の高い有効成分を独自配合して1粒に凝縮しています。ミノフィアGには、ミノキシジル・フィナステリド・アミノ酸・高品質ドロマイト・燃成カルシウム・各種ビタミン類を配合。

 

ゴリラクリニックでは、AGA治療の成功率が97%となっているのがおすすめポイントです。

 

AGAゴリラクリニックの特徴

  • 薄毛の進行症状に合わせた、発毛プラン
  • 内服薬ミノフィアG・ほぼ無痛ハーグ・ヘアマトリックスと3つの治療内容を組み合わせて選択可能
  • 24時間365日対応サービス
  • 最新鋭の医療設備と専門医による最先端の薄毛対策治療法

 

ミノキシジルとプロペシアの薬の効果について

ミノキシジルやプロペシアは、発毛効果や男性型脱毛症(AGA)に対しての脱毛抑制効果などで知られています。

 

ミノキシジル

薄毛対策のミノキシジルとプロペシアの効果の違い

ミノキシジルは元々は血管拡張薬として開発された成分ですが、のちに発毛効果があることがわかり発毛剤として販売されています。
世界では【RogaineR】の名前として、日本では一般用医薬品として大正製薬のリアップが市販されています。
ミノキシジルの特徴としては、使用中は脱毛を止めることが可能ですが、使用をやめると抜け毛・薄毛が再開するといわれています。

 

ミノキシジルの注意点

ミノキシジルの成分は、母乳中に移行するため、リアップシリーズでは授乳する乳児がいる場合での使用は禁忌されています。

 

ミノキシジルの副作用

稀にの副作用として以下のような症例があります。※異変を感じたら薬剤師・医師に相談してください。

頭痛、多毛症、胸の痛み、重い低血圧、不整脈、動悸、皮膚の紅潮、霞み目、手・足・顔のしびれや痛み、急速な体重増加、下肢・手・足・顔のむくみ、性的不能、性欲減退、薬液の使用箇所におけるニキビの発生

ニキビ以外の上記の症状は薬剤の使い過ぎの目安になるとされます。しかし発症する可能性はあるため、発症した場合は即ちに医師の診断を受けることを強くおすすめします。

 

 

プロペシア

プロペシアは、フィナステリドという抗アンドロゲン薬で、こちらも元々、前立腺肥大症や前立腺癌に対しての治療薬でしたが、男性型脱毛症に対しての抜け毛を抑制する効果が認められ、プロペシアの商品名で発売されています。

 

 

ミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)の違い

プロペシアとミノキシジルの効果について

ミノキシジルは血管を拡張して血液の流れを良くすることで髪の毛の成長を早めるといわれます。
壮年性脱毛症に対しての発毛効果や、薄毛男性の育毛や抜け毛の進行防止が期待できます。

 

プロペシア(フィナステリド)は、抜け毛の原因となっている男性ホルモンテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に転換されるのを抑制することで、男性型脱毛症に対しての脱毛特性効果が認められています。

 

フィナステリドには、ジヒドロテストステロンによる脱毛作用を抑止するもので、発毛へ作用する薬ではないとされていますが、臨床試験では多くの服用者に発毛効果が確認されています。保険適応ではなく自費治療薬のため医療用医薬品ということで医師の診察が必要です。

 

 

プロペシアやミノキシジルの初期脱毛とは?

プロペシアやミノキシジルの初期脱毛とは?

治療薬であるプロペシアやミノキシジルでは、副作用として初期脱毛という症状が報告されています。

 

プロペシアの初期脱毛は、症状が出る人もいれば出ない人もいるのでそこまで心配する必要のない症状ですが、薄毛対策の治療薬を飲み始めたら、逆に髪の毛の抜け毛が増えてしまったら、人によってはパニックになったり、落ち込んでしまう患者さんもいるかもしれません。

 

ミノキシジルやプロペシアの初期脱毛で髪の毛が抜けてしまうのは不安ですが、この初期脱毛の期間とメカニズムについて事前に理解しておくことで冷静に対処していきましょう。実際にこのサイトの管理人もプロペシアの初期脱毛については体験しました。

 

初期脱毛が起こる仕組み

初期脱毛が起こる仕組み

プロペシアやミノキシジルを服用してから起こる初期脱毛の原因はヘアサイクルにあります。男性型脱毛症(AGA)はヘアサイクルが乱れることによって引き起こされますが、
治療薬のプロペシアを服用することで乱れたヘアサイクルが戻るために、一時的に抜け毛が増えるメカニズムになっています。通常ヘアサイクルは、成長期→休止期→退行期という流れで進み、AGA患者の場合にはこの成長期が短くなり、まだ抜ける段階でない髪の毛も抜けてしまいます。

 

AGA治療薬を飲んだ場合には、成分のフィナステリド等がジヒドテストステロンの生成を阻害することで正常なヘアサイクルに戻そうとする働きがおこり、休止期の毛が薬の効果で急に成長期に入るために起こります。これにより乱れたヘアサイクルで抜けるのを待っていた髪の毛がプロペシアの働きで初期脱毛が発生するようになるのです。

 

初期脱毛はAGA治療薬が効いている証拠!?

初期脱毛はAGA治療薬が効いている証拠

男性型脱毛症治療薬の副作用である初期脱毛では、抜け毛の量は通常の抜け毛の倍以上にもなると言われますが、それはプロペシアやミノキシジルの含有成分が効き始めたサインです。

 

有効成分であるフィナステリドが頭皮の毛母細胞にきちんと働きかけ細胞が活性化したことで、乱れたヘアサイクルの髪の毛が正常時よりも早く抜けてしまうだけなのです。

 

プロペシアやミノキシジルの初期脱毛の期間はどれくらい?

治療薬の初期脱毛はまったく起こらない人もいますが、初期脱毛で髪が抜ける人の場合には、大体30日程度で治まる人が多いようです。個人差はありますが15〜45日程度みておくといいでしょう。ヘアサイクルの改善が急激であるほど、初期脱毛で抜ける毛も多くなり、脱毛期間も長くなる傾向が見られます。

 

AGA初期脱毛体験の口コミ

AGA治療薬であるプロペシアを服用したときの初期脱毛は、大体30〜40日程度で止まりました。それまではプロペシアの服用を始めてからシャンプー後の排水溝の抜け毛や、枕元の抜け毛などが明らかに増えて焦りました。

 

しかし「初期脱毛はAGA治療薬が効いている証拠だから」となんとか自分に言い聞かせて、無事に切り抜けることが出来ました(笑)。AGA治療を続ければ、初期脱毛の期間後の抜け毛は大分減ってくるので安心してください。

 

▼今すぐにAGAクリニックで薄毛改善するには
>>人気のAGAクリニックはこちら

薄毛対策に良い食べ物やサプリとは?

育毛には大豆イソフラボンや亜鉛含有の食べ物がおすすめ

薄毛対策に良い食事

薄毛対策のためには、薄毛やAGAの原因とされる5αリダクターゼを抑制する効果がある大豆イソフラボンや亜鉛を含んだ食品がおすすめです。

 

大豆イソフラボンを含んだ食品としては、納豆や豆腐、味噌汁などの大豆食品、亜鉛を含んだ食品としては、レバーやカキ、納豆、牛肉などが挙げられます。
薄毛対策や薄毛の改善を考える方は、これらの食品を日常生活の食生活で積極的に摂取していくようにしましょう。

 

大豆イソフラボンを含んだ食べ物・食品

薄毛対策におすすめの食べ物

豆腐

納豆

味噌汁

大豆飲料

油揚げ

※1日の摂取量の目安:50mg
豆腐一丁(300g):80mg
納豆1パック(45g):35mg

 

亜鉛を含んだ食べ物・食品

薄毛対策におすすめの食べ物02

レバー(豚・鳥)

牛肉(もも肉)

牡蠣(カキ)

鰻(ウナギ)

チーズ

卵黄

大豆製品(豆腐・納豆・きな粉)

そば

 

薄毛改善・育毛対策のためには、上記のような亜鉛や大豆イソフラボンを多く含んだ食品を普段から意識して摂取するようにしていきましょう。

 

 

関連記事

抜け毛の原因は食べ物にあることも!?

 

 

薄毛改善におすすめのサプリ

普段から食生活が偏りがちで、食べ物での亜鉛や大豆イソフラボンなどの成分の摂取が難しいという場合には、育毛効果を期待できるサプリメントでの摂取がお手軽でおすすめです。

 

亜鉛や大豆イソフラボン、ノコギリヤシ等のサプリなどを摂取してもいいですね。毎日規則的な食事が摂れないとか、仕事が忙しくて毎日外食ばかりという方は、サプリで亜鉛やイソフラボンを摂取していきましょう。

 

薄毛対策に効果を期待できるサプリの成分

ノコギリヤシ

薄毛対策におすすめのサプリ

ノコギリヤシには酵素である5α-リダクターゼの働きを妨害して、ジヒドロテストステロンへの変換を抑制する効用があります。
そのため前立腺肥大の予防だけでなく、抜け毛予防にもおすすめです。

 

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンには、更年期障害の緩和や抗酸化作用、ガン予防・生活習慣病の予防や改善効果、美肌効果などの期待ができます。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをするために、男性ホルモンの抑制に繋がり髪の毛の育毛効果にも期待ができます。

 

※イソフラボンだけでなく、カプサイシンと同時に摂ることで発毛効果がより期待できるようになります。カプサイシンは七味や唐辛子で摂取が可能な成分です。

 

亜鉛

亜鉛は、たんぱく質の合成に関わる酵素の材料となります。新陳代謝や免疫機能のアップの他に、亜鉛はたんぱく質の代謝を促すことから健康な肌や髪を作ります。
その他に抗酸化作用や免疫力の向上効果が期待できます。

 

※1日の推奨量:10mg(成人の場合)

 

 

薄毛対策のシャンプーのやり方

薄毛改善・育毛対策のためのシャンプーの方法

薄毛対策のシャンプー方法

男性だけでなく女性にもおすすめできる、ハゲないための薄毛対策・改善できるシャンプーのやり方について紹介します。「最近、髪の毛がよく抜ける」ということは髪の寿命が短くなっている証拠です。確実にハゲ・男性型脱毛症に近づいているともいえるのです。

 

さらに薄毛は男性だけでなく女性で薄毛に悩んでいる人も最近では急増しています。調査によると薄毛女性の人口は600万人以上が、女性でも薄毛や抜け毛に悩んでいるといわれます。髪の毛の抜け毛や髪にコシがない、洗髪中の抜け毛が多いなどの悩みは老若男女問わず多くなっています。

 

 

 

抜け毛は、日常生活で1日50本程度であれば正常な量

正常な抜け毛の量とは?

抜け毛は、通常日常生活では1日に50本程度であれば正常な抜け毛の量といわれますが、抜け毛が1日に100本以上あると薄毛への危険信号とされています。そんな薄毛を改善・対策するには普段の洗髪時のシャンプーのやり方を改善すると、薄毛・ハゲの悩みを解消していくことも可能になっていきます。

 

20代・30代・40代・50代と男性・女性問わずにシャンプーのやり方を改善・対策するだけで3ヶ月程度で効果が実感できている人がいました。

 

その薄毛や抜け毛対策の画期的な方法とは、まずはシャンプーの方法を変えていきましょう。1日の抜け毛は50本程度ありますが、何故ハゲないかというと「新生毛」という新しい髪の毛が生えているからです。シャンプーのやり方にマッサージ効果をくわえて改善・対策していくことで、新しく生える新生毛を傷つけたり抜くことなく育てることが可能になります。

 

詳しい頭皮シャンプーマッサージのやり方については、こちらのYouTube動画で詳しく解説していますので抜け毛・男性型脱毛症・AGA・M字ハゲなどでお悩みの人は是非チェックしてみてください。

 

薄毛対策のシャンプーの方法動画

 

 

薄毛改善するシャンプーのやり方のまとめ

薄毛対策のシャンプーとマッサージ

薄毛対策を考えると普段の入浴時の洗髪ではシャンプーのすすぎ残しに注意しましょう。洗髪時にシャンプーの成分のすすぎ残しがあると頭皮の毛穴を塞いでしまい、抜け毛の原因となってしまうことがあります。

 

薄毛改善のためにシャンプーの際には、指先よりも指の腹を使ってやさしくマッサージするようにシャンプーをしましょう。頭皮の血行の流れを刺激して育毛に効果的です。
シャンプーやリンスのすすぎは特に念入りにおこない。しっかりと成分を落とすようにしましょう。ただし、一日に複数回のシャンプーについては頭皮の皮脂を落としすぎてしまうためにおすすめしていません。シャンプーは一日に1回でも十分になります。

 

また、シャンプーの成分については、できればシリコンが入っていない、ノンシリコンのシャンプーがおすすめです。おすすめのシャンプーについては、ネットでの評判や評価・口コミなども参考にしながら自分の頭皮の肌にあったシャンプーを使っていきましょう。

 

指先ではなく指の腹を使う
指を動かすよりも頭皮ごと動かす感覚でマッサージしながら洗う
シャンプーのすすぎ残しに注意
シャンプーは1日1回まで
髪や頭皮に優しいノンシリコンシャンプーがおすすめ

 

 

関連記事

シャンプーが薄毛の原因に?ラウリル硫酸Naの成分とは?
石鹸シャンプーと湯シャンについて

 

 

 

薄毛対策のためのマッサージ方法

育毛マッサージで頭皮の血行の改善をおこない髪に栄養を届ける

頭皮の血行の改善を

抜け毛の量が多い方、薄毛の症状がある方に多いのが、頭皮が硬くなって不健康な状態になる特徴です。抜け毛対策には、まず初めに頭皮を柔らかく、栄養がきちんと頭皮全体に届けられる状態に改善させていきます。

 

頭皮を柔らかくするためには、マッサージ行い血行を良く、栄養を与える対策が必要となります。これらを行なって頭皮の環境を改善して初めて、髪の成長に必要な栄養素がきちんと全体に届けられるようになり、抜け毛も対策・改善されていくようになります。

 

そして、弱って細くなっていた髪の毛も元気にしっかりと育つようになり、コシとハリのある髪の毛が生えていくようになるでしょう。つまり、頭皮をマッサージして柔らかく血行を良くしたうえで、栄養となる育毛剤などを使用することで、マッサージの育毛効果をより高めることが出来ます。そうすると頭皮も健康な状態になり、元気な髪の毛が生えてくるようになります。

 

 

薄毛改善のための正しい頭皮マッサージのやり方

薄毛対策のYouTube動画

頭頂部の薄毛改善・対策のために正しい頭皮マッサージのYouTube動画をチェックしてみましょう。

 

毎日のお風呂上りや朝の髪の毛のセットの前などに、頭皮マッサージを習慣付けることで、髪の毛や頭皮を常に健康な状態に保てるようにして、尚且つ頭皮の血行が改善するようにマッサージをしてみましょう。

 

薄毛対策の頭皮マッサージのポイントとしては、指を動かすのではなく頭蓋骨全体を動かすイメージでおこなうと効果的な頭皮マッサージになります。

 

 

薄毛対策の正しい頭皮マッサージ動画

 

 

薄毛対策に良い生活習慣

薄毛対策で薄毛を改善していくには、日常生活での生活習慣も大変重要になってきます。
睡眠や運動、喫煙から育毛対策になるドライヤーの使い方まで、常日頃の生活習慣から薄毛対策に効果的な生活が継続できるように日々の生活を見直していきましょう。

 

1日6時間以上の睡眠時間の確保

発毛対策に良い睡眠時間

睡眠は発毛にも大切なテストステロンの増加のために必要です。ある研究では2日間の徹夜作業をおこない睡眠時間がまったく取れない状態だと、テストステロンの分泌がストップすると言われています。薄毛改善のためにも、毎日最低でも6時間以上は睡眠時間を取るようにしましょう。

 

また、睡眠前には過度の運動やスマホの閲覧、コーヒーやお茶などのカフェインの摂取は避けて、良質な睡眠時間を確保していきましょう。睡眠の質を高めるためには、例えば部屋のカーテンを分厚く太陽の光をまったく通さないカーテンに変えることでも効果があります。薄毛対策や抜け毛予防のために、睡眠の質を上げていくには、こういった小さな改善からでも実践してみるのもおすすめです。

 

 

適度な運動習慣を身に付ける

抜け毛対策に良い運動

薄毛やAGAなどになる男性の体のメカニズム(仕組み)としては、加齢によりテストステロンが減少して、ジヒドロテストステロン(DHT)が増えていくと言われます。
テストステロンが5α-リダクターゼ(酵素)の働きによって、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。

 

週に数回でも規則的に運動を習慣化させることによって、テストステロンを増加させ薄毛対策にもなります。毎週スポーツジムに通ったり、自宅でも出来る筋肉トレーニングや加圧トレーニング、簡単なストレッチ体操などでも、なるべく毎日体を動かす生活習慣を身に付けていきましょう。

 

新陳代謝を高める

薄毛対策には新陳代謝を高めることで血行が良くなり、頭皮に栄養が行き渡りやすくなります。そのためヘアサイクルの改善には、新陳代謝を高めることが必要不可欠です。新陳代謝は、

  • サウナで汗をかく
  • ジョギング・水泳・サイクリングなどの有酸素運動をする
  • ストレッチをおこなう
  • お風呂にゆっくりつかって体を温める

などの方法で高めることが出来るので、薄毛対策のためには習慣化して実践していきましょう。

 

 

タバコが薄毛の原因に!?

タバコは薄毛対策の天敵に

日常的に喫煙している場合には薄毛やAGAの悪影響が懸念されています。それはタバコを吸うことによって、男性型脱毛症(AGA)の原因物質を増やしてしまうからです。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)は薄毛の一因ですが、タバコを吸う人とまったくたばこを吸わない人では、アメリカのハーバード大学の調査の結果によるとタバコを吸う人は喫煙しない人と比較すると、DHTが13%増加したという調査結果があります。

 

タバコを吸うことで血行不良が薄毛の要因に

たばこを吸うとニコチンの成分の作用により、末梢血管が収縮して血行不良に繋がります。その結果、髪の毛の育成に必要な栄養素が届きづらくなり、薄毛への悪影響が懸念されているのです。

 

薄毛やAGAになってもタバコはやめられないという方には、対応策としてはニコチンの入っていないアイコス等の電子タバコを代替として切り替えるのもありです。

 

 

ドライヤーの使用が薄毛の原因に!?

ドライヤーの使い過ぎに注意!

ドライヤーを使うと薄毛やハゲになるという話を聞いたことがあるかもしれませんが、これは間違いでもあり、正しくもあります。

 

ドライヤーを間違った使い方をすれば、頭皮や髪の毛のダメージを与えて薄毛の原因になる恐れもありますが、ドライヤーを正しく使うことが出来れば、頭皮や髪の毛にとって健康な状態を保つことへの手助けにもなります。

 

まず、ドライヤーを正しく使用するためには、シャンプー後の髪の毛はタオルドライをしっかりとおこないましょう。吸水性の高いタオルを使って、ゴシゴシと頭皮をこすらずに軽く叩くように髪の毛の水分を吸収させていくのが上手なタオルドライのコツです。タオルドライで髪の毛と地肌をしっかりと乾かしてからドライヤーを髪の毛と頭皮にあてていきます。

 

ドライヤーをあてる時の注意点としては、なるべく頭皮に当てるようにおこない、その際にはドライヤーを頭皮に近づけすぎないということと、同じ箇所に長時間ずっとあてないように気を付けてください。ドライヤーの熱い風を長時間当て続けると、髪の毛や頭皮のダメージにつながる危険があります。

薄毛・ハゲ・男性型脱毛症(AGA)になる原因とメカニズム

薄毛・ハゲ・男性型脱毛症(AGA)になる原因とメカニズム

薄毛対策・改善のためには、まずその原因となるメカニズムを知っておく必要があります。原因を理解したうえで、薄毛改善の対策を練っていくのです。

 

ハゲといわれる男性型脱毛症(AGA)は、一般的には男性ホルモンが原因?と言われますが、具体的にはどのような仕組みなのかを知っておきましょう。

 

 

男性ホルモン(テストステロン)とは

男性ホルモン(テストステロン)とは

男性ホルモンは直接的に男性型脱毛症に作用する訳ではありません。
男性ホルモンはテストステロンと呼ばれ、骨や筋肉の強化や形成、動脈硬化の予防、
その他では血液を作るはたらき等に役立つといわれます。

 

このテストステロンの数値が高い男性ほど、健康で長寿であったり、
やる気や幸福感が高いという調査結果もあります。
また、テストステロンが多いと、チャレンジ精神や冒険心・男らしさも高い傾向にあり、
男性や女性からの支持も得やすいといわれています。

 

5αリダクターゼ

5αリダクターゼとは

5αリダクターゼとは、男性ホルモンであるテストステロンを薄毛の要因となるジヒドテストステロンに変化させる酵素(エンザイム)のことです。
5αリダクターゼには、1型と2型があり研究が進んだ現在では、男性型脱毛症にはU型がより深く関わっているとされます。

 

毛根で男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと結びつき、強力な悪玉の男性ホルモンであるジヒドテストステロンとなります。
ハゲ・薄毛の対策・改善には、この5α-リダクターゼの働きを抑制することが、男性型脱毛症(AGA)の治療には重要です。

 

5αリダクターゼの働きを抑制するには?

5αリダクターゼの働きを抑制するには?

5αリダクターゼを抑制していくには、治療薬ではプロペシアやミノキシジルがあります。AGA治療は、男性型脱毛症診療ガイドラインにてエビデンスの証明された治療法です。

 

※プロペシアやミノキシジルの処方には医師の診察が必要となるため、信頼のおけるAGAクリニックて受診することをおすすめしています。
>>人気のAGAクリニックはこちら

 

また、副作用の心配がない食事やサプリで、5αリダクターゼの阻害に有効な成分といえば、ノコギリヤシや亜鉛、イソフラボンなどがあります。

 

 

ジヒドテストステロン(DHT)とは

ジヒドテストステロン(DHT)とは

ジヒドテストステロンとは、男性ホルモンであるテストステロンが、5α-リダクターゼという酵素と結びつくことによって生成されます。

 

ジヒドテストステロン(DHT)は、毛母細胞のはたらきを低下させるために薄毛の原因となります。そして、ジヒドテストステロンが結果として、髪の毛の成長サイクルを狂わせて薄毛・男性型脱毛症(AGA)へと進行します。

 

アンドロゲンレセプター(AR)

アンドロゲンレセプター(AR)

アンドロゲンレセプター(AR)とは、ジヒドテストステロン(DHT)を受け取る受容体です。
この受容体の遺伝子の配列により個人差があり、その個人差が男性型脱毛症になりやすいかどうかの差になって現れます。

 

つまりアンドロゲンレセプターの感度が高いとAGAを発症しやすくなり、感度が低いとAGAを発症しにくくなっているのです。
そして、アンドロゲン受容体の感受性は遺伝子のX染色体にあり、このX染色体は男性は母親から受け継ぐようになっています。

 

巷でよく耳にすることが多い「母方の祖父の頭髪の具合によって自分が将来ハゲるかどうかがわかる」というのは間違っていないとも言えるでしょう。
遺伝子学で考察してもアンドロゲンレセプターの感受性は母親側からの遺伝となっています。

 

脱毛因子とは

脱毛因子とは

脱毛因子とは、TGF-βという毛母細胞や毛乳頭の動きを抑制する因子です。
この脱毛因子の作用が活発になることで髪の毛の抜け毛が促進されていくと考えられています。

 

脱毛因子がどのように活性化されていくのかというと、
男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素と結び付くことでジヒドテストステロン(DHT)になるのです。
そして、ジヒドテストステロンがアンドロゲンレセプターで結合して脱毛因子(TGF-β)となります。

 

 

男性と女性の薄毛・抜け毛の違い

男性と女性の薄毛・抜け毛の違い

男性の薄毛

男性の場合は、主にAGA(男性型脱毛症)により、M字型・O字型・MO字型のように薄毛になっていく症例が多いです。最終的にはすべての毛が抜けてなくなり禿髪となる男性も多いです。

 

男性の薄毛の場合、遺伝による影響は25%程度とされ、薄毛の遺伝子は両親ではなく、母方の祖父からの隔世遺伝と一般的にはいわれます。

 

女性の薄毛

女性の場合には、FAGAと呼ばれており、男性の薄毛パターンとは異なり、頭頂部や前頭部などから頭部全体の髪の毛が薄くなっていきます。

 

女性の薄毛の場合、髪の毛をポニーテールや三つ編みなどで結ぶ機会も多いため、牽引性脱毛症と呼ばれる分け目が薄くなる症例や、出産後の女性ホルモンバランスの崩れが原因の抜け毛に悩まされる、産後脱毛症分娩後脱毛症による薄毛があります。また、女性の場合には全ての毛が抜け落ちる禿髪になる人はほぼおらず、全体的に髪の毛が薄くなるのが特徴です。

 

 

薄毛対策と年齢について 若い方が有利?

薄毛対策と年齢について 若い方が有利?

AGAになりやすい年齢

男性型脱毛症は、通常思春期以降に始まり徐々に進行する脱毛症です。生理的な現象ですが見た目のイメージを大きく左右するので、日本では社会的な影響は大きいとされます。

 

一例として日本人男性の場合、薄毛は20歳代後半から30歳代にかけて進行していき、その後徐々に薄毛の範囲が拡大され40歳代以後に完成されるのが一般的な症例です。なお、女性では男性と異なり、頭頂部の比較的広い範囲の頭髪が薄くなるパターンとして観察されています。

 

日本におけるAGAの発症頻度の統計

日本人男性の発症頻度は全年齢平均で約30%程度と報告されています。日本人男性のAGA(男性型脱毛症)の各年代別の発症頻度は以下のようになります。

年代 日本人男性のAGA発症頻度
20代 10%
30代 20%
40代 30%
50代以降 40数%

データ元:男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)
20代男性では10%だったAGA発症率が、40代では30%を越え、50代以降で40数%と年齢と共に高くなっていくのがわかります。

 

10代・20代の薄毛(AGA)の原因と育毛対策

日本人の毛髪事情

日本人の毛髪事情

大手カツラメーカーであるアデランスが世界21ヵ国で実施した「薄毛率調査」(2009年)によると、最も薄毛率が高かった国はチェコの42.79%で成人男性の10人に4人以上が薄毛になります。一方、日本人男性の薄毛率は26.05%で14位となり、成人男性の4人に1人が薄毛(AGA)という結果でした。

順位 薄毛率 薄毛人口
1位 チェコ 42.79% 158万人
2位 スペイン 42.60% 650万人
3位 ドイツ 41.24% 1263万人
4位 フランス 39.10% 787万人
5位 アメリカ 39.04% 4027万人
6位 イタリア 39.01% 874万人
7位 ポーランド 38.84% 505万人
8位 オランダ 37.93% 216万人
9位 カナダ 37.42% 441万人
10位 イギリス 36.03%  760万人
11位 ロシア 33.29% 1623万人
12位 オーストラリア 30.39% 208万人
13位 メキシコ 28.28% 811万人
14位 日本 26.05% 1293万人
15位 中国(香港) 24.68% 61万人

※出典:アデランス「世界の成人男性薄毛率」(2009年)
※各国の主要都市で「肉眼による通行人観察」で調査

 

このように欧米諸国では成人男性の薄毛が一般的な現象であり、薄毛になったら剃髪をしてスキンヘッドにしたり、ファッションを着飾ったり薄毛もオシャレの一部として楽しむ前向きなイメージがあります。確かに海外のハリウッド俳優などの薄毛の男性を見ても後ろ向きのイメージはあまり受けません。しかし日本では一般的には「薄毛は恥ずかしいもの」というイメージがあり、ハゲと嘲笑されたりネガティブな印象を持たれます。

 

10代・20代からの薄毛対策

10代・20代からの薄毛対策

10代から20代という若い時期に薄毛やAGAが進行した場合には、精神的な負担も予想されるため、なるべく早めの薄毛対策をおこなって改善していきましょう。10代〜20代の若年層での薄毛・AGAの進行の原因は、生活習慣の乱れやストレスなどの精神的な影響もありますが、多くは遺伝による影響があります。

 

若年層の薄毛・AGAの場合には、なるべく早く専門のAGAクリニックにて受診をおこない、フィナステリドやミノキシジル等による治療をおすすめします。若くて新陳代謝が活発な状況でのAGA治療であれば、抜け毛の防止や新しい毛の発毛に関しても期待をすることが出来るからです。

 

一般的に禿髪の状態で「つるっぱげ」とか「ハゲ」といわれるようなツルツルの頭皮の場合では、毛根(正確には毛包)の発毛力が失われている可能性があり、そこからの発毛・育毛は難しい可能性があるために、出来るだけ早い時期でのAGA治療が発毛のための近道です。髪は2〜6年程度で生え変わりますが、髪の毛の再生に重要な箇所が頭皮の毛包です。AGAで毛包が休止期のまま停止する状態になる前に育毛のための薄毛対策をおこなってください。

 

▼薄毛対策の第一歩は育毛シャンプー
>>育毛シャンプーおすすめランキング12選!【2018年最新版】

 

▼まずは育毛剤で早急に薄毛対策をするには
>>人気の育毛剤ランキング

 

▼今すぐにAGAクリニックで薄毛改善するには
>>人気のAGAクリニック

 

 

薄毛や細い髪でも大丈夫!薄毛におすすめの髪型

薄毛におすすめの髪型

ここでは、薄毛の方や髪が細い方でもかっこよくキマる髪型や、スタイリング方法をご紹介します。髪型でまず抑えておきたいのは、髪の長さです。髪にボリュームがないからといって、長髪にすればいいというわけではありません。

 

長髪にすると頭頂部がペタッとした印象になり、前髪のボリュームの少なさなど逆にハゲが目立ちやすくなります。一方短髪は横を刈り上げることによって、かっこよくスマートに仕上がります。長髪にすると、頭皮や毛根に負担がかかりやすく抜け毛が多くなったり、頭が蒸れやすくなったりして頭皮環境が悪化する原因にもなるので、薄毛の人は短髪がおすすめです。

薄毛の人におすすめの髪型

  • おしゃれ坊主
  • ツーブロック
  • ソフトモヒカン
  • ウルフカット
  • オールバック
  • ゆるふわパーマ

髪の色を変えるというのも1つの手です。茶髪や金髪など、頭皮の色に近い明るい色にすることで、薄毛を目立たなくすることができます

 

 

薄毛を隠すには増毛パウダーも有効

薄毛を隠すには増毛パウダーも有効

増毛パウダー(増毛スプレー)は、髪に微粒子や繊維を吹きかけ、静電気の力で髪の毛に付着することで毛量が増えたように見せる整髪料です。スーパーやドラッグストアで1000円程度と比較的安価に購入できる上、自然に髪になじむため、気軽にハゲ隠しができる人気アイテムです。
増毛パウダーのメリットとしては、

  • 手軽にできる
  • 安価に購入できる
  • 水ですぐに落とせる
  • 頭皮に安全な成分でできている

上記のような点が挙げられますが、反面、雨や汗に弱く、増毛パウダーが落ちてしまうデメリットもあります。ハゲ隠しがバレてしまうというのはとても恥ずかしいので、天気、発汗量などをあらかじめ頭に入れておくようにしましょう。

髪の正しいヘアサイクルを意識して発毛を実践

髪の毛の正しいヘアサイクルとは?

AGAや抜け毛などの薄毛対策を日々継続して実践していくのは、髪の毛のヘアサイクルを意識した行動・対策が大切になります。ポイントとしてはヘアサイクルを意識した行動をして、病院やクリニックでなくても自宅でも出来る1本1本の髪の毛を大切にした薄毛対策を実践することです。髪のヘアサイクルとは、髪の毛が生えてから抜ける周期を指します。通常の頭皮・皮脂の状態であるとして、正常なヘアサイクルは・・・

 

1.成長期(2年〜6年)

2.退行期(約2週間)

3.休止期(約3〜4ヶ月)

というヘアサイクルを繰り返しています。

 

このヘアサイクルが正常であれば、髪の発毛にとって理想的な頭皮や皮脂の環境が保たれています。逆にヘアサイクルが乱れた状態であれば、ゆくゆくは抜け毛・薄毛が進行していく恐れがあります。しかも、ヘアサイクルの乱れは通常ではすぐには実感できません。

 

抜け毛が増えたり、髪が薄くなっていくことでヘアサイクルの乱れを認識することが出来ます。休止期のヘアサイクルを終え、成長期の髪の毛が増えるように正しいヘアサイクルに戻していくには、髪の成長にプラスになる栄養素をしっかりと摂取することや、毎日の頭皮マッサージを欠かさない対策が大切です。

 

特に頭皮マッサージでは爪を立てておこなうのではなく、指の腹を使って指を動かすのではなく、頭皮を動かすということを意識するとより効果的です。発毛のための頭皮マッサージであれば、薬による副作用などの恐れもないので、毎日継続できることも嬉しいですね。

 

 

季節によって抜け毛が増える?

人の髪の毛の生え変わりには、数年周期の上記のヘアサイクルが関係しますが、季節によっても髪の毛が抜けやすい時期があります。抜け毛には、湿気や気温の変化であったり、気温や湿度、直射日光によるダメージなども影響してきます。

 

秋は抜け毛の季節

秋は抜け毛の季節

秋は夏の紫外線や直射日光などの髪や頭皮への影響もあり、一番抜け毛の多い季節というデータがあります。しかし秋に抜け毛が多いと言っても正常なヘアサイクルであれば、新しい毛が生えてくるので心配しなくでも大丈夫です。

 

冬は抜け毛が少ない

冬は抜け毛が少ない

冬期は一般的に抜け毛が少ない季節といわれます。例えば動物の場合、季節の変わり目が抜け毛の時期となります。秋は夏毛から冬毛の生え代わりの季節であり、毛が生え変わったばかりの冬は、ヘアサイクルの周期からも冬は抜け毛が少ないというデータに反映されています。

薄毛対策・改善をおこない発毛を促進させるための手段

薄毛対策・改善をおこない発毛を促進させるための手段

薄毛対策の一般的な改善のための手段としては、以下に挙げられる対策・改善策があります。

 

シャンプー

サプリ

カツラ・植毛・増毛

食事療法

頭皮マッサージ

生活習慣の改善(運動・睡眠・ストレス・喫煙など)

AGAクリニックへの通院

育毛剤による薄毛対策

 

以上のような薄毛対策・発毛のための対策方法では、
価格や発毛効果を感じるまでの期間や効果など、その対策方法によってそれぞれにメリットやデメリットがあります。

 

さまざまな薄毛対策・抜け毛対策方法のメリット・デメリット

薄毛・抜け毛の対策方法 メリット デメリット
育毛シャンプー 手軽に薄毛対策が出来る 発毛効果に個人差がある
育毛サプリ 手軽に対策が出来る ある程度費用と時間がかかる
カツラ・植毛・増毛 確実に毛が増えたように見える 費用が高額・ばれるリスク
発毛のための食事療法 手軽に出来る・副作用の心配がない 毎日の手間・飽きがくる
頭皮マッサージ 手軽に出来る・副作用の心配がない 毎日の手間・時間がかかる
薄毛対策のための生活習慣の改善 お金がかからない・副作用の心配がない 禁煙や睡眠時間の改善等が難しい場合がある
AGAクリニックへの通院 確実に効果が期待できる 費用が高額
育毛剤による薄毛対策 手軽に出来る・病院やクリニックへの通院の手間がない 発毛までに時間がかかる場合がある

 

人気の育毛剤とAGAクリニックのランキング

薄毛対策や抜け毛に悩む人、ヘアスタイルが決まらない、男性型脱毛症・AGAにお悩みの方のために人気の育毛剤ランキングや人気のAGAクリニックランキングをあつめました。

 

↓育毛剤・AGAクリニック選びに迷ったらこちら↓

 

人気ヘアトニックのランキング 人気のAGAクリニックランキング