うつ病が抜け毛・ハゲの原因に?

うつ病が抜け毛やハゲの原因になることはあるのでしょうか。昔は心が弱いからそうなる、という言われ方をされてきたうつ病も、現在ではきちんと病気として扱われるようになり、現代の代表的な病となっています。

 

ストレスなどの精神的なものからの影響で薄毛の原因になることも今ではよく知られいます。ここでは精神的な病の代表ともされているうつ病と抜け毛の関係について書いていきます。

 

そもそも、うつ病の原因とは

うつ病の方は年々増えていっており、現在では約1000万人ぐらいだといわれています。

 

人数がはっきりとしない理由は、医師にうつ病だと診断された方しかカウントしていないので、うつの症状が重く通院できないような方も合わせると、人数はさらに多いかもしれないからです。

 

うつ病の方が増えた原因としては、単純にストレスを受ける機会が多くなった、などというわけではなく、心療内科などへ通院することに抵抗がある方が昔は多かったということがあります。

 

そして、最近ではうつ病の認知度が一気に広がり、通院する方が増えたので人数が増えたという考え方もできます。うつ病の原因としては、多すぎる残業などの過重労働などが主にあります。

 

 

うつ病と薄毛の関係

薄毛とうつ病

うつ病になってしまうとそのストレスが原因で薄毛になってしまうことはあるのでしょうか?

 

うつ病の原因の1つである過重労働は、過重労働によって生活習慣が乱れてしまったからうつ病になってしまったという考え方ができます。仕事もストレスになるので、仕事が薄毛の原因とも考えられますが、これらは間接的なことなので、うつ病が薄毛の原因になるとははっきり言えません。

 

しかし、円形脱毛症をはじめとする脱毛症はストレスが原因となっていることが多く、 円形脱毛症などははっきりとした原因は未だに完全には解明されていませんが、ストレスを受けて心労からくる精神的なダメージによる影響が大きいと見られています。

 

上記を踏まえると、ストレスによるうつ病などの場合にも、薄毛の進行や抜け毛の増加などの症状がおこる可能性もあります。常日頃からなるべくストレスを溜めないような生活習慣を心掛けていきましょう。

 

うつ病による薄毛や抜け毛を改善・対策していくには、まずはストレスとうまく付き合い、なるべくストレスを溜めない生活、そして溜まったストレスを上手に解消していく方法を身に付けていきましょう。

 

 

薄毛が原因でうつ病になることはある

うつ病は性格が関係していると言われており、特に几帳面の方は毎日の髪の毛の量の変化に気づきやすいようで、この髪が減っていくということでストレスを受けてしまい、うつ病になる場合があるそうです。うつ病が原因で薄毛になるのとは逆に、薄毛が原因でうつ病のような症状になってしまうということです。

 

几帳面で無い方でも薄毛を気にしすぎてしまうと、強いストレスを受けてしまい、状態が悪化する可能性があるかもしれません。正しい薄毛の改善方法を行って、精神的にあまり負担をかけないようにしましょう。

 

うつ病の症状とは

うつ病の症状とは

ここでは「うつ病」の症状について、精神的・肉体的にどのような症状になるのか?ということを解説します。

 

こんな症状が続くとうつ病のサイン?

だるい、何をするにも億劫になる

憂鬱な気分が続く

不安感・焦燥感がある

全身の倦怠感

睡眠障害でよく眠れなくなる

頭痛・胃の不快感がある

首や肩のこり

何に対しても意欲がなくなる

興味のあったものに無関心になる

 

不安感や頭痛などは、うつ病でなくても起こる症状ですが、上記のような症例が日常的に続くようであれば、うつ病について病院で受診してみることもおすすめいたします。

 

 

 

 

薄毛対策のおすすめ育毛剤と改善方法!トップへ 薄毛対策・改善を基本から確認したい方、具体的な薄毛対策や、抜け毛・AGAなどの予防をしたい方はトップページから詳細を確認してください。
オススメの育毛剤やAGAクリニックなどの紹介もしています。