抜け毛に効果的な栄養とは?

抜け毛・ハゲの原因になるものは、ストレスや遺伝だけではなく、体に優しくないダイエットや栄養バランスの偏った食事、生活習慣の乱れなどもあります。

 

ここでは、抜け毛・薄毛の改善に必要となる栄養素について書いていきます。

 

 

髪の毛に必要な3大栄養素

最初に発毛や育毛に欠かせない栄養素を学んで、薄毛の改善に必要な知識を知っておきましょう。

 

育毛に必要な栄養素を知ることは、普段の食事から薄毛の改善をすることが可能になるのでオススメです。

 

 

髪の毛に一番大切なタンパク質

髪の毛の99%は、ケラチンと言われる、アミノ酸が含まれたタンパク質で作られています。

 

タンパク質は髪の毛にとって1番欠かせない成分であり、薄毛を改善する際には必須となる栄養素となっています。

 

タンパク質は、魚、肉、卵などに含まれる動物性のタンパク質と、大豆や納豆などに含まれる植物性のタンパク質の2種類があります。

 

どちらか片方だけのタンパク質を摂取するのではなく、両方ともバランス良く摂るようにしましょう。

 

 

頭皮の健康をサポートするビタミン類

薄毛の原因として多いとされる血行不良には、ビタミンEの摂取がオススメです。

 

ビタミンEは血行をよくしたり、血管を保護する効果があり、主にごま、ナッツ類、魚介類、植物油などに含まれているので普段の食生活を見直して取り入れてみましょう。

 

また、ビタミンB群には、細胞の成長をサポートする効果があるので、タンパク質が髪の毛の成長にしようされるのを促してくれます。

 

このビタミンを摂取したい時には、豚肉、青魚、玄米、卵、大豆などを食べるのがオススメです。

 

 

亜鉛でタンパク質を髪の毛に変える

亜鉛は、髪の毛に必要なタンパク質を合成するときに使用される必要な栄養素で、タンパク質が十分に体の中にあったとしても、亜鉛が不足していればタンパク質はうまく吸収されないことになります。

 

亜鉛は不足しがちな栄養素なので、魚介類、カキ、レバーなどを食べて、積極的に普段の食事に取り入れていきましょう。

 

 

薄毛の改善をしたいときに控えたい食べ物

薄毛の改善に効果的な栄養素と食品について書いてきましたが、数ある食品の中には髪の毛によくないものもあるので書いていきます。

 

下記の食品は少量の摂取なら食べてもいいのですが、食べ過ぎてしまうと薄毛の原因になる場合があるので気をつけておきましょう。

 

  • 塩分を多く含んでいる食品
  • お菓子やジュースなど、糖分を多く含むもの
  • バターや肉などの動物性脂肪が多いもの
  • コーヒー

 

 

 

薄毛対策・改善を基本から確認したい方、具体的な薄毛対策や、抜け毛・AGAなどの予防をしたい方はトップページから詳細を確認してください。
オススメの育毛剤やAGAクリニックなどの紹介もしています。

 

薄毛対策のトップへ