薄毛の原因はコラーゲンの減少から

薄毛の原因はコラーゲンの減少?

高齢になって髪の毛が抜けて薄くなるのは、毛を作る細胞がダメージを受けてフケのように落ちてしまうことが東京医科歯科大学の調べで明らかになったというニュースがありました。

 

人間の髪の毛は毛穴の奥の毛包と呼ばれる器官にある細胞で作っています。東京医科歯科大学の研究グループでは、この髪の毛を作る細胞の変化について、マウスを使って調べました。

 

その結果、マウスが高齢化するにつれて毛穴の細胞は機能しなくなり、最後は皮膚細胞に姿を変えて、フケや垢となって落ちてしまうことがわかった。

 

これらの変化は加齢によって細胞のDNAにダメージが溜まったのが原因とされ、人間でも同様の現象が見られるということです。研究成果は、今後の脱毛症の治療の開発に役立つ可能性があります。
引用:ANNニュースより
https://www.youtube.com/watch?time_continue=64&v=RGIJ3IyCDJQ

 

17型コラーゲンが分解されて減少すると毛包が小さくなり薄毛の原因に

さらに日経新聞によると、毛を生やすのは毛包という器官であるが、この毛包が正常に機能しないと、薄毛や抜け毛に繋がるという。

 

今回の研究では、加齢により毛包の基礎となる幹細胞のDNAが傷つき、17型コラーゲンを分解してしまう酵素が多くなっていた。

 

20代の若者よりも、60代以降の高齢になると毛包は小さくなり、17型コラーゲンの量も減少することがわかった。

 

 

毛包を保護するコラーゲンは、サプリでは摂取できない

毛包を保護するコラーゲンはサプリではダメ

マウスでの実験でもコラーゲンを体内で作り続けるマウスと、コラーゲンを持っていないマウスでは毛の量に違いがありました。

 

コラーゲンを持っているマウスでは年月が過ぎても毛がフサフサということです。

 

じゃあ、人間でも薄毛対策としてコラーゲンのサプリを摂取すればいいのでは?と思いますが、人間の頭皮の毛包を保護するコラーゲンは、サプリやドリンクなどでは摂取できないのです。

 

では一体どうしたらコラーゲンの減少に対抗できるかといえば、活性酵素にヒントがありました。

 

 

ビタミンCがコラーゲンの生成に最適

ビタミンCがコラーゲン生成には最適

コラーゲンはサプリなどで摂取しても体内で一度アミノ酸に分解され、その後に皮膚下にてコラーゲンを生成する仕組みになっています。
そして、コラーゲンを生成する時に必要不可欠な酵素がビタミンCなのです。

 

そのため、薄毛対策にはコラーゲンが良いといわれ、そのコラーゲンを減少させないようにするには、ビタミンCやアミノ酸を体内で不足させない必要があります。

 

しかし、人間の体内は活性酸素が日常的に発生しており、対抗するためにビタミンCやたんぱく質、ミネラルが不足しがちなのが現状です。

 

活性酵素は、激しい運動やストレス、喫煙や肥満、ウイルスや細菌への感染、などの様々な状況によっても体内で活性酵素が増える要因となっています。

 

 

薄毛対策や育毛・発毛に大切なコラーゲンの減少を防ぐために

コラーゲンの減少を防ぐためにビタミンCを摂取していくことも重要ですが、ビタミンCやアミノ酸などの体内での消費の要因となる活性酵素を増やさない対策が、ビタミンCの消費を減らして育毛に大切なコラーゲンの減少にもつながります。

 

活性酵素を増やさないようにするには、一般的には酵素ドリンクや水素水などが良いと言われています。常日頃から、酵素ドリンクや水素水などを意識して取り入れていくことも、薄毛対策・抜け毛の対策に繋がっていくでしょう。

 

 

↓水素水より安くて手軽なサプリはこちら↓

ヘルシアーナ水素

 

 

↓新エイジングケアの高濃度水素発生サプリメントはこちら↓

アクアシャイン

 

 

薄毛対策のおすすめ育毛剤と改善方法!トップへ 薄毛対策・改善を基本から確認したい方、具体的な薄毛対策や、抜け毛・AGAなどの予防をしたい方はトップページから詳細を確認してください。
オススメの育毛剤やAGAクリニックなどの紹介もしています。