男性の分け目ハゲの原因と対策とは

分け目ハゲの原因と対策について調べてみました。
ずっと同じ髪型や分け目をキープしていると、ある時から「分け目が薄くなった」と感じることがあるかもしれません。

自分自身の1番気に入った表情や、顔の角度などがある方はいますでしょうか。これらと同じように、お気に入りの髪型などがあると思います。

 

お気に入りの理由としては、自分に似合っている、今流行だから、つむじの位置の関係でこの髪型がいい、などがあると思います。ですが、同じ分け目・髪型を続けていると、自分の髪の分け目が目立つように、分け目が薄くなった(もしかして分け目からハゲになった?)と感じたら分け目の薄毛対策をおこなっていきましょう。

 

 

男性の分け目が薄くなった原因とは?(分け目ハゲの原因)

男性の分け目ハゲの原因とは?

同じ分け目のキープが紫外線ダメージに

いつも同じ髪型・ヘアスタイルや分け目にしていると、その分け目の頭皮が紫外線にいつも直接照らされることになります。
毎日の紫外線からのダメージが分け目に蓄積されていき、薄毛・抜け毛・ハゲの原因となっている可能性があります。

 

髪の毛を引っ張るヘアスタイル

女性の場合には、ポニーテールやツインテールなどの髪の毛を結ぶヘアスタイルは一般的ですが、男性の場合でも髪の長い人などで髪の毛を後ろで束ねたり結んだりしている人は要注意です。髪の毛がいつも引っ張られる状態になり、頭皮や髪の毛にダメージを与えて薄毛になっている可能性があります。

 

牽引性(けんいんせい)脱毛症

長期間に渡り上記のように髪の毛を引っ張る様な髪型をしている場合、牽引性脱毛症になっている恐れがあります。
これはドレッドヘアやエクステなどで髪の毛を結んでいる場合でも影響する恐れがあります。

 

髪の毛もストレスを受ける
精神的なストレスは薄毛になってしまう原因とされていますが、髪の毛へ直接ストレスを与えることも薄毛になってしまう原因となります。

 

髪の毛に直接ストレスを与えるということは、どういうことなのか詳しく説明すると、まず髪の毛は神経などが通っていない、活動が終わった細胞の集まりです。髪自体がストレスを受けるのではなく、髪の根元になる毛根がストレスを受けることとなります。

 

髪に直接ストレスを与える行為としては、髪全体の同じ部分でなんども分け目を作ること、髪の生え方の流れを強引に変えるということなどがあります。これらのことを行なっていると、髪の毛は矯正されることのストレスを受けてしまい、血行が悪くなり薄毛の進行を促進させることになります。

 

 

男性の分け目の薄毛・抜け毛・ハゲを対策・改善する方法

男性の分け目ハゲの対策

髪の分け目を変えるようにする

毎日同じ髪型や分け目にするのではなく、なるべく髪に癖がつかないように定期的に分け目を変える習慣を付けましょう。
分け目を変えることで紫外線による頭皮へのダメージの蓄積を防ぐ効果があります。

 

 

牽引性脱毛症を防ぐために髪型を変える

髪の毛を束ねたり、ドレッドヘアやエクステなどの場合には、なるべく髪の毛を引っ張らないようなダメージの少ない髪型にしましょう。

 

 

頭皮マッサージを習慣化する

毎日のシャンプー時やお風呂上り、朝の洗顔後などに頭皮をやさしくマッサージする習慣を付けましょう。

 

頭皮マッサージのポイントとして、頭皮をマッサージする際には、なるべく爪を立てずにさらに指を動かすのではなく、頭皮を動かす感覚でマッサージをすると血行の流れが良くなり効果的です。

 

薄毛対策・抜け毛対策に効果的な頭皮マッサージの方法はこちらのYouTube動画が参考になります。https://www.youtube.com/watch?v=u1M89hFvbag

 

 

薄毛対策のおすすめ育毛剤と改善方法!トップへ 薄毛対策・改善を基本から確認したい方、具体的な薄毛対策や、抜け毛・AGAなどの予防をしたい方はトップページから詳細を確認してください。
オススメの育毛剤やAGAクリニックなどの紹介もしています。