抜け毛の原因は食べ物にあることも!?

食べ物と抜け毛の関係

抜け毛にのみならず、様々な体の異常には原因が必ずあります。
体の異常に一番関係してくるものは食べ物です。私達の体は、普段の食事からの食べ物で作り出されて出来ていると言ってもいいでしょう。

 

食べ物は、食べるものによっては、体を健康にする効果を与えるものもあれば、逆に体に悪い効果を与えるものもあります。
体に悪い効果を与える食品としては、摂りすぎると糖尿病を発症してしまう可能性がある糖質などがあります。

 

体に悪い食品が存在するということは、髪に悪い効果を与えたり、抜け毛の原因となってしまう食品があるということにもなります。
ここでは薄毛の原因になるかもしれないと言われている食品をご紹介していきます。

 

 

甘味料は薄毛の原因になる

調味料やお菓子などに含まれている甘味料は、大量に摂取してしまうと以下の症状が出る可能性があります。

 

  • 皮脂の大量分泌を促して、ニキビやフケを発生させる
  • 体の中で中性脂肪に変わって、肥満を促す
  • 骨や歯をもろくする
  • 自律神経のバランスを乱れさせることがある

 

ニキビやフケが発生してしまうと、頭皮環境が悪くなってしまう原因になります。

 

また、自律神経のバランスが乱れてしまうとホルモンバランスが異常になり、抜け毛の原因となってしまいます。

 

 

脂質の摂りすぎは抜け毛を促進させる

脂の摂り過ぎ

脂質は健康的な生活を送るために大切なものとなるのですが、大量摂取は良くありません。

 

摂取しすぎてしまうと、以下のような症状が出る場合があります。

 

  • 血液の循環が悪くなる
  • 皮脂の分泌が増える

 

血液の循環が悪くなってしまうと、髪を成長させるための栄養や酸素が届きにくくなってしまい、髪に悪影響を与えます。

 

なので、薄毛を改善したいときに血液の循環をよくすることは基本中の基本といえるほど大切なこととなります。

 

また、血液の循環が悪いと髪の毛に悪いだけではなく、脳梗塞や心筋梗塞などといった命に関わってくる病気を発症する可能性も上がります。

 

そのほかに、皮脂が大量に分泌されてしまうと毛穴が炎症を起こすようになり、頭皮が荒れてしまうことになります。

 

 

アルコール飲料は控える

普段から仕事終わりなどにお酒を飲んでいる方は多いと思います。

 

酒を飲まないと生きていけないという方もいると思いますが、お酒は適度に飲むなら血流をよくしたり、ストレス解消にもなるので薄毛を改善したい時には、いい効果を得られる場合があります。

 

しかし、お酒を飲みすぎて体にあるアルコールの量が多すぎると髪の成長に大切なビタミンB1がなくなってしまって、髪の毛が成長できずに薄毛の原因になる可能性があるので気をつけましょう。

 

 

塩分の摂りすぎはしないようにする

塩分の摂り過ぎに注意・味噌汁

塩分は人体にとって必要なものなのですが、摂りすぎはよくありません。
普段の食事などで塩分を摂りすぎてしまうと、体の組織に機能障害がおきてしまい、
さらに動脈硬化や高血圧、薄毛の原因となる脱毛量の増加などが起きてしまいます。

 

アメリカでは、塩分制限を行うことによって抜け毛が改善されたという研究データがあります。
なので、毎日の食生活で減塩を行い、日頃の生活から薄毛の改善をしていきましょう。

 

薄毛改善の為のその他の注意すべき食生活

男性型脱毛症や抜け毛などの薄毛改善のために、
その他の食生活についての注意するべき事項を挙げていきます。

 

バランスの悪い食生活

バランスの悪い食生活

インスタント食品や冷凍食品、外食ばかりなどの食生活をしていると、栄養バランスの悪い食事になります。
栄養が足りないと髪の発育が悪くなり、抜け毛を促進させる要因となります。

 

極端な偏食

極端な偏食

ひたすら肉料理だけとか、毎日野菜だけ、魚しか食べない、等の極端な偏食は、
頭皮の毛髪の育毛にも悪い影響を与えかねません。

 

食べ過ぎ

食べ過ぎに注意

普段の食生活では食べ過ぎに注意しましょう。
食べ過ぎることは、満腹中枢が刺激されて眠気を引き起こしたり、
血行の悪化などで毛髪の育毛のためには好ましくありません。
理想としては腹八分目程度に抑えて、ちょっと足りないくらいが良いです。

 

夜寝る前に食べる

寝室

夜に就寝する3時間前からは、食べ物の摂取は控えるようにしましょう。
胃に食べ物が残り消化不良を引き起こし、育毛のためだけでなく、肥満になる原因となります。

 

過度なダイエット

過度なダイエット

1ヶ月で10キロを目指すために1日1食だけのダイエットや、
炭水化物ダイエットでまったく炭水化物を摂取しない、
サラダしか食べない、などの過激なダイエットは控えるようにしましょう。

 

体や髪の毛の成長に必要な栄養素が急に体内に行き渡らなくなり、
抜け毛・薄毛を進行させる原因になる恐れがあります。

薄毛対策におすすめの食べ物

ハゲ予防のためにおすすめの食べ物といえば、
タンパク質・ビタミン・ミネラル
の3大栄養素が髪の毛の発育のために大切と言われています。

 

「最近、抜け毛が多くなってきたな」とか、
「髪の毛のボリュームがなくなってきた・・・」という人は、
普段の食生活から育毛のために効果的な食事をするように心掛けていきましょう。

 

 

育毛・薄毛対策のために摂取しておきたい栄養素

 

1.タンパク質

薄毛改善に良い食べ物・大豆食品

納豆や豆腐をはじめとする、大豆や乳製品があげられます。
さらに肉や魚・卵なども育毛のために欠かせないタンパク質です。
特に植物性たんぱく質である大豆などの豆類は、髪の毛の成長促進には最適とされています。

 

 

2.ミネラル

ミネラルを含んだ食品・牡蠣

ミネラルを含んだ食事といえば、レバーや魚介類・牡蠣などがあります。
特にミネラルの中でも亜鉛は髪の毛を作るための栄養素として必須です。

 

レバーや牡蠣にはこの亜鉛が豊富に含まれているので、普段から積極的に摂取していきましょう。
食事で摂るのが難しい場合には、亜鉛のサプリなどで毎日服用してみるのもお勧めです。

 

尚、手軽にサプリで育毛成分を摂取するには、こちらのサプリがおすすめですよ。
毛髪のためのサプリ[Growth Project.]BOSTON

 

 

3.ビタミン

ビタミンを含んだ食品・野菜

ビタミンを含んだ食物には、豚肉・野菜・レバー・大豆などがあります。
ビタミンは血行を良くする働きがあるために、抜け毛予防や薄毛改善のために大切な栄養素です。

 

頭皮の血行促進につながり発毛のために良いです。
ビタミンBやビタミンAなどバランス良く摂取していきましょう。

 

 

 

関連記事

便秘が抜け毛・AGAにもたらす影響
肥満とハゲの関係性とは
胃腸が弱い人はハゲになりやすい?

 

 

薄毛対策・改善を基本から確認したい方、具体的な薄毛対策や、抜け毛・AGAなどの予防をしたい方はトップページから詳細を確認してください。
オススメの育毛剤やAGAクリニックなどの紹介もしています。

 

薄毛対策のトップへ