胃腸が弱い人はハゲになりやすい?

男性は女性と比べて胃腸が弱いとされており、胃腸が弱い方はハゲになりやすいと言われていますが、これは本当のことなのでしょうか。

 

ここでは、ハゲと胃腸の弱さに関係があるのかを書いていきます。

 

 

胃腸の調子が悪いと・・・

胃腸は体の中にあるので目で確認することができず、調子の良さなどは、体感で知るしかありません。

 

お腹の調子が悪い、胸焼けがするなどと言った症状があるときは、その調子の悪さが気分などに反映されたりすると思います。

 

女性の方であれば、便秘などで肌荒れを心配したり、胃痛に悩む方であれば酷い口臭などの症状が出て体の異変が出てきます。

 

つまり、胃腸の調子が悪かったりすると、体と精神になにかしらの影響を与えることになります。

 

 

ストレスのバロメーター

胃の調子が悪くしてしまうこととしては、

  • 食べたものの質が悪い、食べすぎなど
  • 日頃の睡眠不足
  • ストレスの影響による血行不良

などがあります。

 

そのほかに、食事の時によく噛んで食べないことも胃の不調に影響を与えてしまいます。

 

胃の調子は精神的なストレスが影響することもあるのですが、食事の仕方によっては直接的なストレスを与えることになり、胃の不調を引き起こしてしまいます。

 

胃の調子が悪いということはストレスが溜まっているということなので、血行不良になる可能性があるということにもなります。

 

そして、血行不良になってしまうと、薄毛の原因にもなってしまいます。

 

 

腸の乱れで薄毛に

人の健康は、腸の調子で決められると言われており、腸内の環境が悪いと病気になりやすいとされています。

 

ご存知の方は多いと思いますが、腸内には善玉菌と悪玉菌という菌が存在しています。

 

町内が健康な時は、善玉菌の数が多い状態なのですが、普段の食生活や生活習慣によっては悪玉菌の数が多くなることがあります。

 

悪玉菌の数が多くなってしまうと、栄養の吸収効率が低下してしまい、免疫力の低下や、老廃物の排出機能の低下が起こり、疲れやすいといった症状が出てきます。

 

栄養の吸収が悪くなると薄毛になる

 

髪の毛だけではありませんが、栄養の吸収効率が悪くなってしまうと、新しい細胞を作り出すための栄養が不足してしまい、体全ての機能が悪くなってしまいます。

 

その1つとして、薄毛になるという症状が出てきます。

 

体の中で新しいものを作り出すためには、栄養が必須ということになります。

胃腸が弱い人の薄毛の症状は

胃腸が弱い人の薄毛の症状は

 

胃腸が弱い人は薄毛になりやすいと言われていますが、
では一体どのような症状の抜け毛・薄毛になりやすいのでしょうか。

 

血行不良からくる抜け毛が原因のハゲおよび男性型脱毛症(AGA)として、
髪の毛が細くなったり、頭皮の頭頂部が硬化するなどの症状が挙げられます。

 

特に頭頂部が高くなると、抜け毛・薄毛の症状へと進行する恐れがあるので
日頃から薄毛対策をしっかりとおこなうようにしましょう。

胃腸が弱い人の改善方法

生活習慣から胃腸の弱さを改善していく方法としては、
以下のような項目があります。

 

・普段から胃腸を冷やさないようにする
・食事はよく噛んで消化しやすくする
・食事はお腹いっぱいまで食べないように腹八分目を心掛ける
・ストレスのない生活をおくる
・毎日の睡眠を十分にとる

 

胃腸を冷やさないようにするには、
冷たい飲み物の摂り過ぎに注意して、
暖かいお茶や生姜湯、コーヒーなどを意識して飲みましょう。

 

胃腸が弱い、下痢気味などの症状が頻繁に起きる方は、
ぜひ上記を参考に毎日の生活習慣から改善していきましょう。

 

 

 

 

薄毛対策のおすすめ育毛剤と改善方法!トップへ 薄毛対策・改善を基本から確認したい方、具体的な薄毛対策や、抜け毛・AGAなどの予防をしたい方はトップページから詳細を確認してください。
オススメの育毛剤やAGAクリニックなどの紹介もしています。