加齢による抜け毛について

加齢による抜け毛や薄毛について、その原因と対策を探っていきましょう。

 

現代では「アンチエイジング」という言葉もよく耳にするようになりましたが、30代の方でも薄毛が気になっている方も増えており、薄毛ケアを始める方も多いです。歳を重ねてくると髪の毛は少なくなっていくもので、これは今や常識とも言えます。

 

では、加齢による抜け毛や薄毛の原因は何なのでしょうか?

 

 

加齢による抜け毛の原因

老人性脱毛症

老人性脱毛症とは

60歳を越えてくると人により個人差がありますが、髪の毛や髭などの体毛が薄くなります。この症状は、老人性脱毛症といい原因としては、老化のために細胞の働きが低下するからです。

 

進行には個人差がありますが、どんな人にも表れる自然現象になります。

 

また、加齢による脱毛症で、老人性脱毛症以外の症例としては、年代別に以下のような種類があります。

 

若年性脱毛症

主に30代以下の若い世代に起こる脱毛症です。思春期以降から進行するようになります。
遺伝による影響が大きいと考えられています。

 

壮年性脱毛症

主に40代以上の方の脱毛症です。男性ホルモンの変化や毛周期の成長期が短くなることで、抜け毛が増えたり、毛が短く細くなったりして薄毛になります。

 

 

新陳代謝の低下

新陳代謝の低下

歳をとって起きてしまうことといえば、新陳代謝能力の低下です。新陳代謝は、体全体の器官で行われており、臓器を新しくしたり、血液、骨なども行なっています。

 

しかし、歳をとっていくと新陳代謝能力が低下してしまいます。これは誰にでもかならずおこることで、1番新陳代謝能力が落ちたなと、実感しやすいのは肌です。新陳代謝がしっかりと行なわれていれば、皮膚は新しく入れ替わっていき、シワができません。

 

皮膚のシワを確認するだけで新陳代謝の低下はすぐにわかります。髪の毛は死んだ細胞でできているのですが、これを作り出すために新陳代謝が必要不可欠となります。

 

 

血管の衰弱による栄養不足

血管の衰弱による栄養不足

新陳代謝を行うには、栄養と酸素が必要で、それらが運ばれる血管の役割が重要となってきます。歳をとっていくと血管は細くなっていき、髪を作り出すのに必要だった栄養を運びにくくなってしまいます。

 

栄養が毛根に運ばれず、栄養不足になってしまったと言う理由だけで髪が抜け落ちることはないのですが、髪の栄養不足が長期的に続いてしまうとこの現象が起きてしまう可能性はあります。

 

 

毛髪の老化現象

これらの原因は、歳をとっていくことで誰に起きてもおかしいことではありません。

 

歳をとってからの新陳代謝の低下は普段の生活の運動不足などで促進させることになり、ほかにもバランスが悪い食生活で栄養不足になったり、ストレスの影響による血行不良などいつおきてもおかしくありません。これらのことを念頭において薄毛の原因を見直し、薄毛の改善をしっかりと行なっていきましょう。

 

 

加齢による薄毛対策

加齢による薄毛対策

加齢による薄毛は誰にでも訪れる生理現象です。しかし、常日頃から髪の毛のアンチエイジングを心掛けて、以下のような項目を意識していけば、加齢による薄毛の進行を遅らせることは可能といわれています。

 

体だけでなく髪の毛にもアンチエイジングを意識して、加齢による薄毛予防の対策をおこなっていきましょう。

 

適度な運動

髪の毛の発育に良い食生活

ストレスのない生活

十分な睡眠時間の確保

思い切り打ち込める趣味や生き甲斐を見つけて若い気持ちを保つ

 

特に定年世代になって夢中になれる趣味や生き甲斐は、加齢による薄毛対策だけでなく、痴呆症の防止などにも大変効果的といわれています。
年齢を重ねてもずっと打ち込めるライフワークを見つけていきましょう。

 

 

 

薄毛対策・改善を基本から確認したい方、具体的な薄毛対策や、抜け毛・AGAなどの予防をしたい方はトップページから詳細を確認してください。
オススメの育毛剤やAGAクリニックなどの紹介もしています。

 

薄毛対策のトップへ