便秘が抜け毛・AGAにもたらす影響

男性でも結構起きてしまう便秘は、基本体から排出しないといけないものが、出ないということになっているので、もちろん体にとっては悪いことです。

 

女性とは違って便秘なんて気にしないという男性は多いと思いますが、これが薄毛の原因に関係してくるとなると放ってはおけない問題になるのではないでしょうか。

 

ここでは、薄毛と便秘の関係についてと便秘の解消法も書いていきます。

 

 

便秘の原因

便秘になってしまう原因はいろいろあります。

 

弛緩性便秘

この便秘の場合は大腸の活動が低下してしまったのが原因です。
腸はぜん動運動というものを行なって、便を肛門まで運び出します。

 

しかし、この運動が弱くなってしまうと腸内に便がたまることになり、さらに水分を腸に吸われて硬くなってしまいます。

 

硬くなってしまった便は体から出て行きにくくなり、これが便秘になってしまう一連の流れです。

 

大腸の活動が低下してしまう原因は、以下のことがあります。

  • 日常生活の運動不足
  • 水分をあまり摂らない
  • 食物繊維が不足している
  • 腹筋の筋肉が弱い
  • ダイエットをしている

 

 

けいれん性便秘

副交感神経が過敏になることで、体が異常に緊張してしまい、さらに腸まで緊張することで便が上手く運べなくなり、ウサギのフンのようなコロコロの便が出てしまうようになるのがけいれん性便秘です。

 

腸が緊張してしまう主な原因は、以下のことがあります。

  • 精神的な強いストレス
  • 周りの環境の変化
  • 過敏性腸症候群

 

 

直腸性便秘

便が腸に到達すると無意識に体に排便するように反射が送られます。

 

しかし、この排便の反射の機能が低下して、腸内に便がたまっていってしまうのが直腸性便秘です。

 

排便反射の機能が低下してしまう原因は、以下のことがあります。

  • 加齢
  • 排便を我慢する

 

 

便秘が薄毛の原因になる理由

あなたは便秘の原因のどれかに当てはまりましたでしょうか?

 

便秘をそのままにしておくと、薄毛になってしまう可能性があります。

 

なぜかと言うと、便秘によって起こる症状は薄毛の原因となることがあるからです。

 

便秘は悪玉菌を増殖させる

腸の中には、誰にでも善玉菌と悪玉菌と日和見菌が存在しています。

 

便秘の症状が長く続いてしまうと日和見菌が悪玉菌の活動をサポートするようになり、悪玉菌が増え始めてしまいます。

 

悪玉菌の活動は主に、

  • 有害物質を作り出す
  • 体の免疫力を低下させる
  • 発がん性物質を作り出す

 

悪玉菌が作り出した有害物質は、腸壁から吸収されることになり、血液と一緒に体中を巡って運ばれていきます。

 

このときに髪を作りだしている細胞達にも運ばれてしまいます。

 

 

血液が汚れてしまい、新陳代謝が低下する

便秘が原因で肌が荒れると言われたりしますが、髪の毛は皮膚の一部なので同じような悪影響があってもおかしくないと言えるでしょう。

 

肌荒れにニキビがありますが、このニキビができた肌の次に作り出されていく新しい肌が表面に出て行くことでニキビは治っていきます。

 

この新しい肌は細胞が作り出しています。

 

しかし、健康的で綺麗な血液じゃないと体中の細胞にきちんと栄養や酸素が送られなくなり、それによって新陳代謝能力が低下し、新しく細胞を作り出すことが難しくなってしまいます。

 

このように、便秘が原因で薄毛を引き起こしてしまう可能性があるということにご理解いただけたと思います。

 

 

 

 

薄毛対策のおすすめ育毛剤と改善方法!トップへ 薄毛対策・改善を基本から確認したい方、具体的な薄毛対策や、抜け毛・AGAなどの予防をしたい方はトップページから詳細を確認してください。
オススメの育毛剤やAGAクリニックなどの紹介もしています。