糖尿病の薬が薄毛に繋がる?

糖尿病は特に珍しい病気ではなく、厚生労働省によると現在、糖尿病の患者数は約316万人だそうです。

 

糖尿病は高血圧症の次に多い病気で、年々患者数は増えていっており、かなり身近な病気となっているので、気をつけたいものです。

 

さて、ここでは糖尿病とはいったいどんな病気なのか、薄毛とどのような関係があるのかを書いていきたいと思います。

 

 

糖尿病について

糖尿病とはどんな病気なのかご存知でしょうか。

 

糖分を摂りすぎてしまって尿に糖が混ざってしまう、このような感じのことをイメージすると思いますが、詳しく知っている方はなかなかいません。

 

糖尿病は、すい臓で作り出されたインスリンがきちんと機能しなくなることで起こり、1回でも糖尿病になってしまうと一生治ることはありません。

 

インスリンは、体のなかにあるホルモンの1つで、食事やお菓子を食べた時などに血糖値が上がるとすい臓で作り出されて分泌されます。

 

そして、糖分を臓器に取り込ませてエネルギーに変えたり、タンパク質の合成や細胞を増やす役割をしてくれます。

 

このようにインスリンがきちんと働くことによって血糖値の異常な上昇を抑えて安定させてくれます。

 

もし、このインスリンがうまく働かないとなったら、すぐに体は異常な状態となってしまい、命にも関わることとなります。

 

糖尿病は、大きく分けると1型糖尿病と2型糖尿病の2つのタイプが存在しますので、1つずつ説明していきます。

 

 

2型糖尿病

2型糖尿病というものは、分泌されるインスリンの量が少ない、インスリンがきちんと機能していない状態です。

 

糖尿病になっている方たちの10人中、9人はこの2型糖尿病を発症してしまう割合で、40歳を過ぎたあたりに発症することが多いですが、稀に若い人も2型糖尿病になる場合もあります。

 

糖尿病は、糖分の摂りすぎや日頃の運動不足などの生活習慣が原因と思われがちなのですが、遺伝が強く影響している場合があるので、人によって糖尿病を発症しやすい、しにくいということがあります。

 

 

1型糖尿病

このタイプの糖尿病は、すい臓がインスリンを完全に、またはほとんど作り出すことができなくなることで起きてしまいます。

 

1型糖尿病を発症している方は全体の糖尿病患者の1割もみたなく、若い頃に発症してしまうことが多いです。

 

年齢に関係なく発症する場合もあります。

 

1型糖尿病の原因は詳しく判明していませんが、遺伝やウイルスなどによって過剰に反応してしまった免疫機能がすい臓にあるβ細胞を破壊してしまうので、インスリンが分泌されなくなるといわれています。

 

 

糖尿病の治療薬が薄毛の原因に

薄毛の原因になる場合がある経口血糖降下剤には以下のものがあります。

  • グリベンクラミド
  • アセトヘキサミド
  • グリメピリド
  • グリクラジド
  • ボグリボース

などです。

 

これらの成分は薄毛を促進させてしまう可能性があることが分かっています。

 

これらは、食事療法や運動療法などをきちんと行なっているけれど、それでもインスリンの分泌がうまくされない2型糖尿病患者に使用される薬です。

 

この薬は、すい臓にあるランゲルハンス島組織に直接効果を発揮して、インスリンの分泌をサポートします。

 

1型糖尿病患者の場合は、薬をやめるという選択肢はなく、一生使用しないといけません。

 

2型糖尿病の方も症状が重度のときは、1型糖尿病患者と同じように薬の使用をやめることはできませんが、食事療法や運動をすることによって血糖値をある程度下げることができる度合いであれば、薬を使用する必要がない場合があります。

 

糖尿病になって薄毛になりたくないという方は、今日からでも普段の生活を健康的なものしていきましょう。

 

糖尿病による薄毛や抜け毛はあくまで一時的な症例

糖尿病による薄毛や抜け毛はあくまで一時的な症例。

髪の毛の細胞は体内の新陳代謝により日々新しく生まれ変わります。
糖尿病の症状が進み高血糖状態が続くと、髪の毛の毛根細胞が障害を受け、抜け毛や薄毛になることがあります。

 

さらに高血糖状態になってしまうと、頭皮の血行も悪くなり、
髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなることも薄毛・抜け毛の要因となります。

 

では糖尿病になってしまうと、必ず薄毛・抜け毛により男性型脱毛症やAGA・ハゲといった
症状になってしまう訳ではありません。

 

これらは一時的な症状と考えられ、たとえ糖尿病に罹ってしまったとしても、
血糖値のコントロールを良好に保っていくことが出来れば、
新陳代謝や血行の流れも良く薄毛・抜け毛の心配も低くなります。

 

 

髪の毛の成長は頭皮の毛母細胞の細胞分裂から

糖尿病による薄毛

 

髪は、頭皮の毛根部の毛包という箇所の毛母細胞から作られています。
髪の毛のは、この毛母細胞の細胞分裂が起こることによって、生まれて育つような仕組みになっています。

 

糖尿病による高血糖で、頭皮の血行が悪くなり、毛母細胞の活性が低下することによって、
髪の毛の発毛が抑制されてしまう可能性がありますが、

 

頭皮の血行の流れを良くすることを心掛けて、
食生活やマッサージなどをおこなうことで、薄毛・抜け毛を改善できる可能性があります。

 

 

 

 

薄毛対策・改善を基本から確認したい方、具体的な薄毛対策や、抜け毛・AGAなどの予防をしたい方はトップページから詳細を確認してください。
オススメの育毛剤やAGAクリニックなどの紹介もしています。

 

薄毛対策のトップへ