「育毛剤」と「発毛剤」の違いは?

ネットなどで育毛剤を購入しようとしたときに、発毛剤というものを見かけたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

 

育毛剤と発毛剤は名前は似ていますが、使い分けられているということは、どこかに違いがあるということです。

 

ここでは育毛剤と発毛剤の違いについて書いていきます。

 

 

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤に発毛剤は名前を見る限り、どちらも薄毛の改善に効果的ということは、分かりますが、何が違うのか分かる方はいますでしょうか。

 

その違いを知るためには、まず育毛剤と発毛剤の共通点から知っていくといいでしょう。

 

育毛剤と発毛剤はどちらも発毛を促進させるといった効果があるとしているので、守らないといけないものがあります。

 

それは「薬事法」で、これを守っておかないと、育毛剤や発毛剤の販売は行うことができません。

 

薬事法に該当する商品の分類

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品
  • 医療機器

薬事法に該当するものはこの4つのどれかに属しています。

 

育毛剤や発毛剤が該当するものとしては、リアップなどの医薬品と薬用プランテルなどの医薬部外品があります。

 

 

医薬品と医薬部外品の違い

次に医薬品とはどんなものかというと、

1.日本薬局方に収められている物
2.人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であって、機械器具でないもの(医薬部外品を除く)
3.人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって、機械器具でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く)

 

※薬事法第1章 第2条より抜粋

とされています。

 

医薬部外品は次のようになっています。

次に掲げることが目的とされており、かつ、人体に対する作用が緩和な物であって機械器具等でないもの及びこれらに準ずる物で構成労働大臣の指定する物をいう。
ただし、これらの使用目的のほかに、前項(医薬品の定義)第2号又は第3号に規定する用途に使用されることも併せて目的とされる物を除く。

 

1.吐き気その他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
2.あせも、ただれ等の防止
3.脱毛の防止、育毛又は除毛

 

※薬事法第1章 第2条より抜粋

 

 

育毛剤と発毛剤の違いは曖昧

ここまで医薬品と医薬部外品の育毛剤、発毛剤の違いを確認してみましたが、曖昧に分類されていたものを、さらに育毛剤と発毛剤に分けること自体がどうかと思ってしまうところです。

 

曖昧なものに曖昧をどんどん重ねていって育毛剤や発毛剤という風になったのです。

 

薄毛について悩んでいる方に対して耳障りの良い広告やキャッツコピーを選んでいった結果とも言えます。

 

はっきり言って、育毛剤と発毛剤はどちらも違いがほとんどないので、気にするする必要はないということになります。

 

 

 

 

薄毛対策のおすすめ育毛剤と改善方法!トップへ 薄毛対策・改善を基本から確認したい方、具体的な薄毛対策や、抜け毛・AGAなどの予防をしたい方はトップページから詳細を確認してください。
オススメの育毛剤やAGAクリニックなどの紹介もしています。