「育毛剤」と「発毛剤」の違いは?

ネットなどで育毛剤を購入しようとしたときに、発毛剤というものを見かけたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

 

育毛剤と発毛剤は名前は似ていますが、使い分けられているということは、どこかに違いがあるということです。

 

ここでは育毛剤と発毛剤の違いについて解説していきます。

 

 

医薬品と医薬部外品の違い

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤に発毛剤は名前を見る限り、どちらも薄毛の改善に効果的ということは、分かりますが、何が違うのかわかりにくいかと思います。

 

その違いを知るためには、まず育毛剤と発毛剤の共通点から知っていくと良いでしょう。育毛剤と発毛剤はどちらも発毛を促進させるといった効果があるとしているので、守らないといけないものがあります。それは「薬事法」であり、これを守っておかないと育毛剤や発毛剤の販売は行うことができません。

 

薬事法に該当する商品の分類

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品
  • 医療機器

薬事法に該当するものはこの4つのどれかに属しています。

 

育毛剤や発毛剤が該当するものとしてはリアップなどの医薬品と、薬用プランテルなどの医薬部外品があります。

 

 

医薬品と医薬部外品の違い

次に医薬品と医薬部外品の違いについて、それぞれの特徴をみていきましょう。

 

医薬品とは・・・

病気の治療を目的とした薬のこと。
厚生労働省より配合されている有効成分の効果が認められたもの。

 

医師が処方するものもあれば、薬局などで購入することもできる大衆薬もあります。

 

医薬部外品とは・・・

厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。
治療というよりは[防止・衛星]を目的に作られています。

 

また[薬用]とは「医薬部外品」で認められている表示のため「薬用 = 医薬部外品」となります。

※参考ページ
「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」にはどんな違いがあるの?

 

このように医薬品とは、治療を目的としているため、一般的な薬としては風邪薬や胃腸薬、鎮痛剤などが該当します。
一方、医薬部外品とは、有効成分は含まれていますが、目的は予防に重点をおいているため、なだらかに作用するのが特徴です。

 

また、有効成分とは国によってその安全性と効能が認められた成分のことを指します。

 

育毛剤と発毛剤では、一般的には育毛剤が医薬部外品、発毛剤が医薬品となっていることが多いようです。

 

 

育毛剤と発毛剤の違いと効果

育毛剤と発毛剤の違いと効果

まず、育毛剤と発毛剤の違いを簡潔に表現すれば、

 

育毛剤は、いまある髪の毛を抜けにくく、太くしっかりとした毛に育てる効果。

 【育毛】とは、現在ある髪の毛を太く丈夫に育てていくこと。

 

発毛剤は、抜けてしまった頭皮から新たに発毛させる効果となります。

【発毛】とは、髪が生えなくなり休止している毛母細胞を活発化させることで髪を生やすこと。

 

このような違いがそれぞれにあります。

 

 

医薬品である発毛剤は副作用に注意

厚生労働省が医薬品として認可を出している発毛剤の成分としては、ミノキシジルがあります。
ミノキシジルを主成分とした医薬品の発毛剤としてはリアップが有名です。

 

しかしミノキシジルには、高い発毛効果が得られる可能性があるとされている代わりに、
初期脱毛や男性機能の減退などの副作用のリスクがあるで使用する際には注意が必要です。

 

 

 

 

薄毛対策・改善を基本から確認したい方、具体的な薄毛対策や、抜け毛・AGAなどの予防をしたい方はトップページから詳細を確認してください。
オススメの育毛剤やAGAクリニックなどの紹介もしています。

 

薄毛対策のトップへ