高血圧と薄毛の関係は?

高血圧と薄毛の関係は?

薄毛の原因としても挙げられる高血圧について解説いたします。

 

高血圧といえば生活習慣病として一般的に認知された症状ですが、血圧が適正数値を超えて高い数値で維持されている状態のことを指します。高血圧は自覚症状を持たないことで知られていますが、脳卒中・腎不全・虚血性心疾患などの発症の引き金にもなります。

 

生活習慣病としては、男性・女性共に通院患者率の最も高い疾患とされており、日本高血圧学会によると、日本には約4,000万人の高血圧の方がいると推定されています。

 

高血圧の場合、メタボリックシンドロームのひとつとされ、肥満・糖尿病・脂質異常症などとも合併して発症されやすいともいわれていますが、じつは薄毛にもなりやすいので高血圧の方は注意が必要です。

 

 

高血圧とミノキシジル

高血圧とミノキシジル

高血圧の場合、薄毛・ハゲになりやすいといわれていますが、全ての高血圧の人がハゲる訳ではありません。

 

しかし、薄毛対策のAGA治療薬であるミノキシジルの効能から考えてみると「高血圧が薄毛の原因なのでは?」ということが納得できるかもしれません。

 

ミノキシジルは元々高血圧の方のための血圧を下げるための降圧剤として開発された薬です。しかし臨床実験に際に、多くの被験者の体毛や髪の毛が増えたことから、薄毛対策のAGA治療薬となった経緯があります。

 

このことを簡潔にまとめて考えると、

 

ミノキシジルで血圧を下げたら髪の毛が生えるようになった。
というエビデンスに繋がる可能性も考えられるのです。そうなると高血圧を予防・改善するための生活習慣の見直しが、薄毛や男性型脱毛症(AGA)の改善・対策になる可能性が高まります。

 

高血圧と薄毛の因果関係

高血圧と薄毛の因果関係

高血圧の原因としてよく挙げられるものに以下の項目があります。

 

・塩分の過剰摂取
・肥満
・運動不足
・アルコールの過度の摂取
・タバコ

 

これらを見て気付いた方もいるかもしれませんが、高血圧の原因として考えられるものは、薄毛の原因としても共通するものばかりということです。

 

高血圧で悩んでいるという方で薄毛の場合、食生活の改善や運動不足の解消など、高血圧克服のための対策が、そのまま薄毛対策にも繋がっていく可能性がありますので、上記の項目に当てはまる場合には、高血圧改善のための生活習慣の見直しをおこない、薄毛対策・改善にもつなげていきましょう。

 

 

 

 

関連記事

糖尿病の薬が薄毛に繋がる?

 

 

薄毛対策・改善を基本から確認したい方、具体的な薄毛対策や、抜け毛・AGAなどの予防をしたい方はトップページから詳細を確認してください。
オススメの育毛剤やAGAクリニックなどの紹介もしています。

 

薄毛対策のトップへ