降圧剤が薄毛を促進させる!?

歳をとっていくとほとんどと言ってほどの方が降圧剤を使用することになります。

 

血圧が高くなる原因は、現在でもほとんど解明されていないのが現状で、未だに高血圧の90%ぐらいが未知のものとなっています。

 

遺伝や普段の生活などが原因としてあげられており、薄毛の原因にも似ています。

 

このよく解明されていない症状に対して大量の薬を使用することになるので、これが薄毛の原因となってしまう可能性があります。

 

 

降圧剤は薄毛の原因になるのか

降圧剤は1種類の薬だけではありません。

 

数種類の薬を使用することになる降圧剤が薄毛の原因になっている可能性があります。

 

ここでは、降圧剤の効果と薄毛の原因になってしまう可能性がある薬を書いていきます。

 

α遮断剤

血管の収縮は、交感神経の伝達物質ノルアドレナリンとα受容体が結合することによって起きてしまいます。

 

この症状を防いで血管の収縮を防止し、血管を広げることによって血圧を低くします。

 

 

β遮断剤

β遮断剤はノルアドレナリンとβ受容体との結合を防止し、心臓の心拍数を減らすことによって血圧を低くする薬となっています。

 

 

ACE阻害剤

血管の収縮の防止と腎臓のナトリウムと水分の排出を防止して血液量を増やして、血圧を調節します。

 

物質アンジオテンシンUの生成に必要となるアンジオテンシン変換酵素の働きを妨害して、血管を拡張させて血圧を低くします。

 

 

Ca拮抗剤

動脈の血管壁にある平滑筋細胞でできた層があり、この平滑筋細胞の収縮で血管が細くなり血圧を上げてしまいます。

 

この平滑筋の収縮には、カルシウムイオンが流れることが影響していること判明しています。

 

Ca拮抗剤は、カルシウムイオンが流れてしまうカルシウムチャンネルを防ぎ、平滑筋細胞の動きを抑えて血管を広げて血圧を低くします。

 

 

 

 

薄毛対策のおすすめ育毛剤と改善方法!トップへ 薄毛対策・改善を基本から確認したい方、具体的な薄毛対策や、抜け毛・AGAなどの予防をしたい方はトップページから詳細を確認してください。
オススメの育毛剤やAGAクリニックなどの紹介もしています。